小西 一矢

こにし かずや

みなさんこんにちは!カズヤです。
これからゴルフを始められる方や今年こそは!と目標高く課題に取り組んでる方、様々な思いでゴルフに取り組まれている皆さんにリラックスやゲンテン、ハーフラウンドなどレベルや目的に応じたメニューで上達のサポートが出来るようにお待ちしております^ ^
また、新しく僕のブログを始めました^ ^
こちらでもレッスンの様子やゴルフの情報等を配信していきますので是非チェックしてみてくださいね(^-^)/
http://kottan.club/

Q&A

小西 一矢

参加者に一番伝えたいことは?
「ゴルフをやっていて良かった」と思える感動。
GEN-TENレッスンってどんなもの?
納得いくまで試して、楽しみながらできるレッスン。
レッスンのテーマは?
努力は裏切らない。
自分のゴルフにおけるモットーは?
情熱的なプレーと、冷静な思考。
人生におけるテーマは?
切磋琢磨

インタビュー

小西 一矢

努力は裏切らない。

小西コーチは社会人になってからゴルフを始めてコーチになった、ジュニアや学生の競技ゴルファーが多いGEN-TENの中では稀な存在。

高校から社会人までをキックボクシングや空手などの格闘技に費やし、体だけではなく心の鍛錬を積んだ彼だからこそ、メンタルの要素が強いゴルフも短期間で上達できたのかもしれない。 そんな彼が大切にしているものが「努力」。会うとその言葉が誠実な彼の性格を表すのにふさわしいと感じるはずだ。

社会人になって仕事の一環として始めたゴルフだったが、その魅力に取り憑かれた小西コーチは本業をしながらもゴルフの事が頭から離れず、休みの日を利用してゴルフ場でのアルバイトを始める。コースで研修生に混じって仕事をこなし、ゴルフ場での仕事が終わるとコースを使って練習をするという生活を経験した。

「毎日1000球以上は練習しました。社会人になってからゴルフを始めたので当時の仕事との両立は大変でしたけど、努力だけはプロを目指す研修生にも負けないようにと必死でした。」

そんな努力が身を結び、ゴルフを始めてたった2年ほどでゴルフ連盟の研修会で上位に入るようになった。
格闘技で培われたアスリート気質と、孤高の努力家タイプの性格に一目を置かれる存在となり、いつしか競技ゴルファーからもアドバイスを求められる機会が増えていった。

「人に教えるという経験を繰り返すうちに、競技に出たり、努力をしている人、高みを目指して頑張っているゴルファーのサポートをしたい気持ちが強くなったんです。」という彼はGEN-TENに入り、本格的にレッスン活動を開始する。

「GEN-TENでコーチをするようになってからはより指導の重要性を感じています。頑張っている人ほど練習量も多くなるので、正しい練習方法が大切です。間違った練習を繰り返してしまうと悪い癖を身につけるために時間を割いていることになってしまいますから。」

そんな小西コーチのレッスンにお世辞という言葉はない。
そこにあるのは、誠実な言葉と、そしてコーチとしての責任を果たしたいという情熱。
遊びでは物足りないゴルファーへ真剣なレッスンを。

プロフィール

小西 一矢

名前 小西 一矢(こにし かずや)
タイプ 中級者 上級者 フィジカル
ライセンス GEN-TEN公認コーチ
出身地 1980年7月4日 愛知県出身
関連リンク kottan.club
Facebook

開催予定

GEN-TENの原点

ページの先頭へ戻る