スコットランドゴルフトリップ

スコットランドゴルフトリップ

ゴルフの原点を探す旅

#12 本日2ラウンド目の担ぎJUBILEE course

売店で水とサンドイッチを買って、午後2時にJUBILEE courseのスターターに行きました。

するとココにも一人で来ていたプレイヤーが。ニューヨークから来たCutlerという男性で、スコットランドには仕事関係で来ていたようです。 彼も一緒にプレーしてくれる人を探していました。もちろん快く同伴をOKして3人でプレーをスタートです。
12_p01

JUBILEE courseもNEW courseと同様に「スコットランドリンクス」の雰囲気を存分に味わえるコースです。
12_p02

特にティーショットが、ヒースや丘でスタイミーなホールが多く、グリーンも高低差がキツく、NEW courseに比べて少し難易度が高い気がしました。

12_p03
途中で同伴者のCutlerがティーショットを左に曲げてブッシュの中に入りました。みんなで探しにいくと小さな林の中にボールをみつけました!取ってあげようと手を伸ばすと、「イテテっ!!」木についている棘が腕に刺さります! これはゴース (gorse)と呼ばれる固く鋭いトゲがある木で、Joakimから「危ないから触れない方がいい!」と注意されました。ゴースはコースのあちらこちらにあり、初夏には黄色い花が咲いてとても奇麗だそうです。
クラブを担いでの2ラウンドは学生時代以来だったので13番ホールのセカンドを打った瞬間に足がつりました(←情けない!)この貴重な体験中に足がつるなんて・・・日頃の運動不足を悔やみますっ!

12_p04
するとCutlerが「疲れてるんだ、コレを食べなよ」とKit katをくれ、異国で触れる優しさに、うぅ。。。
そんな締まらないプレーを続けてJUBILEEでのプレーも終了。

「また来るときがあったら連絡してよ!」なんて言われましたが、もし本当にスウェーデンとニューヨークと日本からスコットランドに集まってプレーできたら素晴らしい事ですね!3人で硬い握手をして、メールアドレスを交換して別れました。

今日は本当に素敵な1日になりました。

ページの先頭へ戻る