パッティング時の旗ざおの扱い~kentaroのルール&マナー講座 Vol.5~

2016年1月10日 |

皆さんこんにちは!kentaroです(^-^)
今回のルールは、パッティング時の旗ざおの扱いについてです。

2サムプレイをしていた健太郎コーチは超ロングパットが残ってしまったので、「ピンを抜くとカップが見えないし、どうせ入らないからピンはさしっぱなしでいいや」と考え、パッティングしました。
20160110_blog_kentaro_01

するとボールはみるみるカップに吸い込まれ、、、
20160110_blog_kentaro_02

なんとカップイン!
20160110_blog_kentaro_03
こんな長いロングパットが入ると気持ちが良いですね~!
しかし!!これルール違反なんです。

グリーン上でパッティングしたボールがピンに当ると、2打罰が課されてしまいます。
ロングパットではセルフプレーの場合は同伴競技者にピンに付き添ってもらうようにしましょう。

また同じようなケースでは抜いたピンをプレーヤーのライン上においてしまうことも注意ですね。
20160110_blog_kentaro_04

これもカップをオーバーしてしまい、置いてあったピンに当ってしまうと2打罰が課されてしまいます。
20160110_blog_kentaro_05

今回の2つの例に関しては、ゴルフ規則17-3が適用され、2打罰が加算され、球はあるがままの状態でプレーという処置になります。

これはピンがグリーン上であろうと、グリーン外に置いてあろうとグリーン上から打ったボールがピンに当ればペナルティが課されるのでピンの置き位置にも気をつけてくださいね(^-^)

オススメのレッスン

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ ロブショットについて 1,263ビュー
  2. ゴルフスイングの基本のキホン 1,053ビュー
  3. 右肘はタメずにリリース! 851ビュー
  4. 打点位置は意識してますか? 632ビュー
  5. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 617ビュー
  6. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 406ビュー
  7. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 394ビュー
  8. パッティングの基本(上達の為のドリル) 378ビュー
  9. 逆オーバーラッピンググリップでの転がしのアプローチ 224ビュー
  10. なぜコーチによって言ってる事が違うんだろう…? 208ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る