競技用スコアカードの書き方

2015年12月23日 |

皆さんこんにちは!カズヤです^ ^
今回は競技に初めて出る方や慣れていない方の為に競技用のスコアカードの書き方について説明していきます。
20151223_blog_kazuya_01
競技用のスコアカードは写真のゴルフ場名が書いてある上の部分、スコア記入欄が逆さになっているところに自分のスコアを記入して反対に下のスコア記入欄に同伴競技者のスコアを記入していきます。
20151223_blog_kazuya_02
プライベートで使用するスコアカードは自分で自分のスコアをかけますが、競技など使うスコアカードは、マーカーと言う同伴競技者がスコアを記入します。先ずは上の自分のスコア記入欄を写真の様に折り曲げて使います。
20151223_blog_kazuya_03
20151223_blog_kazuya_04
記入するスコアはスタート前に競技委員が指定する同伴競技者スコアを書いていきます。そして記入する同伴競技者が決まったら各ホール確認しながらスコアを記入していきます。
この時各ゴルフ場に設置されているプライベート用のスコアカードに記入して後から写して書くとスコアを確認しながら清書出来るので良いと思います^ ^
20151223_blog_kazuya_05
競技終了後、同伴者競技者のスコアを記入しマーカーと書いてあるところに自分の名前を記入。そしてスコアを記入した同伴競技者に渡します。
20151223_blog_kazuya_06
次に自分のスコアを記入した欄は切り取ることが出来るようになっているので切り取っていきます。
20151223_blog_kazuya_07
最後に同伴競技者にサインをしてもらい、スコア提出箱に投入して完了です^ ^
20151223_blog_kazuya_08
競技になると自分のスコアを同伴競技者に書いてもらうので、スコアの確認は十分注意が必要です。誤って過少申告(スコアを実際よりも少なく申告すること)をしてしまったり、サインをし忘れてしまうと競技失格やペナルティを受けることになるので出来る限り毎ホールスコアを確認しておくことをオススメします^ ^

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

小西 一矢

小西 一矢

みなさんこんにちは!カズヤです。
ゴルフは他のスポーツと違い生涯スポーツとして楽しめるとても良いスポーツだと思います。
そんなゴルフというスポーツを長く楽しんでいただくためにケガをしにくい身体作りやスイング作りをベースにアドバイスをしています。
個々の目標や課題を元にみなさんのゴルフライフをより一層楽しめるように一緒に取り組んでいきましょう♪

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 257ビュー
  2. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 210ビュー
  3. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 193ビュー
  4. シャフトクロスになる原因は右肘! 189ビュー
  5. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 164ビュー
  6. 傾斜地のアドレス〜ゴルフ上達9つのヒント〜 151ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 143ビュー
  8. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 139ビュー
  9. ゴルフ テークバックはゆっくりがいい? 102ビュー
  10. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 101ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る