レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう

2021年4月15日 |

松山英樹選手がマスターズのチャンピオンになりましたね^^
前週の梶谷翼選手と快挙が続き嬉しいですね。今後もゴルフブームが続くと日本のゴルフの未来は明るいです。

松山選手のスイングの特徴がトップで一瞬止まることが挙げられますが、トップでのレイドオフの形も特徴的ですね。今後ゴルフメディアではレイドオフが話題になってきそうなのでその部分に関して少しお話していきたいと思います。

レイドオフとは?

レイドオフとはトップのポジションでクラブが飛球線と平行ではなく左の方向を刺した形のことを一般的に言います。このトップの形をしている有名選手はジョン・ラーム選手、ルーク・ドナルド選手などが挙げられます。

レイドオフと相性の良い動きやアドレス

レイドオフの形がスイングとして正解なのか?ここが気になる方が多いと思います。レイドオフは次の図のように腕の動き、インパクトの形、体の回転、ボールの位置、といった部分で関連すると私は考えています。

トップでの形がレイドオフであれば切り返しから腕の動きは少なく、極端だとアームロックに近い形になります。またインパクトの形はハンドファーストになりやすく、フォロー側への体の回転を大きくする必要があります。ボールの位置は左寄りにないと捉えるのが難しいです。

私はレイドオフが正解でシャフトクロス(トップのポジションでクラブが飛球線と平行ではなく右の方向を刺した形)が間違いだと考えておりません。シャフトクロスの傾向なら、アームローテーションが多く、アーリーリリースで、バックスイング側への体の回転が大きく、ボール位置がセンターや右よりにあると正確で素晴らしいショットがでます。

どんな人がレイドオフに向いているのか?

それではどんな人がこのレイドオフを目指したほうがよいのかということですが、基本的にはヘッドスピードが速いことに加えて左へのミスを減らしたい人になってくると思います。ヘッドスピードが早いとインパクトまでにヘッドがターンしすぎる傾向があります。強いフックでボールが飛びすぎてしまう人は腕のターンを少なく、体の回転で打てるようにスイングを変化させる必要があります。

レイドオフはヘッドスピードが遅く、右へのミスが多い人はあまりおすすめできません。ご自身の課題に合わせて目指すスイングを取り組むことが理想です。ぜひ担当のコーチと相談してください。

スイングは一貫性が大事。もし迷ったらスイングのグラデーションで整理する

さきほどの図の両矢印をグラデーションにしているのは理由があります。スイングには偏りのない中間も存在します。以下は現時点での自分自身のスイングの評価です。緑の丸で表しています。

いまは青い部分に並んでいますが、今後歳をとってスイングスピードが落ちて行った場合は全体的に中間から赤い部分に移行させる必要があると思っています。このようにスイングのグラデーションで考える必要があり、短期的はなく長期的な課題に応じてスイングを変えていくことが理想だと思っています。

まとめ

今回は流行になりそうなレイドオフを切り口にゴルフスイングを考えてみました。以下がこの記事のまとめです。
1.ゴルフスイングづくりはそれぞれの部分の相性の良いコンビネーションを探し整理することからはじめる
2.現状の課題に応じて取り組むスイングを選択する
3.スイングには偏りのない中間も存在するので、極端にやりすぎるのではなくグラデーションで考えることが大事

メディアではトッププロのスイングのみ焦点があたったりしますが、そこには惑わされずご自身の課題を分析をして目指すべきスイングに取り組んでいきましょう。

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

寺嶋 慶介

寺嶋 慶介

初心者レッスンを担当してます寺嶋です!
ゴルフをスタートさせた皆さまのサポートをしています。
特技はお悩み相談です。ゴルフ以外のお話も皆さんとできると嬉しいです^^

インスタグラムに投稿しています
シンプルな動きがスイングの綺麗さに繋がっていくと思います。お気軽にフォローください。

2021年7月発売週刊ダイヤモンドの取材を受けました

2021年Regina初夏号「ビギナーさんいらっしゃい!」の取材受けました


web版でもご覧になれます

サイクロイド曲線を描くゴルフスイング
サイクロイド曲線に沿ってスイングができると物理的に最高のヘッドスピードが生まれるので飛距離が上がる可能性があります。また距離に関わらず同じタイミングでボールを捉えることができるので自分の打った感覚と距離のばらつき減り、弾道のブレも少なくなります。→記事

YouTubeでレッスン動画を配信しています
レッスン動画をYouTubeに配信しています。

レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう
そのスイング改造はホントに正解ですか?!コーチと相談して納得できるスイングを目指していきましょう。→記事

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 253ビュー
  2. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 216ビュー
  3. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 216ビュー
  4. 【ゴルフ】100切りを達成するには?!コースでチャレンジしましょう! 213ビュー
  5. シャフトクロスになる原因は右肘! 202ビュー
  6. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 162ビュー
  7. キャスティング防止でインパクトを安定させよう! 148ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 133ビュー
  9. ゴルフ ドライバーを飛距離アップさせるための6つの方法 127ビュー
  10. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 116ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る