どの方向にクラブを振り下ろすか?

2019年5月24日 |

気温が高くなってきました。突然、気温の高い日にゴルフをすると熱中症にもつながります。
ゴルフ場では十分に対策をとってプレーしてくださいね。

今回ご紹介するのはダウンスイングについてです。レッスンではあまりお伝えしない部分です。(いろいろ考えると当たらなくなるので…)

ダウンスイングでは、後方からみるとクラブヘッドがボールに対し斜めのラインから入ってきます。当然のことですが、このクラブの動きに対して自分の体の動き方を身につけていきます。

しかし、このクラブヘッドがボールに対し斜めのラインから入ってくることを無視して、打球の練習をしている方は少なくありません。

例えば、ある雑誌に「クラブヘッドは真下に下ろしてくる」というような言葉を鵜呑みにして、理想的なスイングプレーンから大きく外れてクラブが降りてくる方や
(写真①)

「クラブを横に寝かせましょう」という文言をそのままにフラットすぎるスイングをされていたり…
(写真②)

言葉とは難しいですね^^;
あくまで実際に表せない感覚や数字を言葉として表現しているだけだということを知っておくと良いと思います。

写真①のようにシャットにクラブが降りてき過ぎるとフックボールや極端に低いボールになってしまいます。写真②のようにフラットに入り過ぎるとボールが高くなりすぎてボールが思ったより飛ばない可能性があります。

自分がイメージするクラブの下ろし方を身につけるには、まずクラブをどの角度で降ろすのかを決めておくことやなぜその角度で下ろすかを自分なりに答えをもっておくことが大事だと思います。

私の感覚として後方から見た時にどのクラブも肩、腕、手元が揃ったところからクラブを下ろしてくることをイメージしてます。このラインを通ってクラブが下りるとインパクトではイメージするフェースの角度で当たりやすく強いボールが打てるからです。シンプルw

ひとそれぞれに違いはありますので理由はなんでも良いと思います。自分なりに根拠をもったスイングができると自ずとプレーのレベルも高まりますよ^^

この記事を書いたのは

寺嶋 慶介

寺嶋 慶介

5/29(土)〜5/30(日)富岡倶楽部でディスカバリーキャンプを開催します




キャンプ詳細ページ

YouTubeでレッスン動画を配信しています
レッスン動画をYouTubeに配信しています。

2021年Regina初夏号「ビギナーさんいらっしゃい!」の取材受けました

サイクロイド曲線を描くゴルフスイング
サイクロイド曲線に沿ってスイングができると物理的に最高のヘッドスピードが生まれるので飛距離が上がる可能性があります。また距離に関わらず同じタイミングでボールを捉えることができるので自分の打った感覚と距離のばらつき減り、弾道のブレも少なくなります。→記事

レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう
そのスイング改造はホントに正解ですか?!コーチと相談して納得できるスイングを目指していきましょう。→記事

インスタグラムに投稿しています
シンプルな動きがスイングの綺麗さに繋がっていくと思います。お気軽にフォローください。

週間アクセスランキング

  1. 快適に雨のゴルフを楽しむコツ! 840ビュー
  2. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 340ビュー
  3. ゴルフ ドライバーの精度アップで90切りが見えてくる! 334ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 299ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 243ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 211ビュー
  7. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 197ビュー
  8. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 161ビュー
  9. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 156ビュー
  10. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 137ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る