ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い

2016年3月23日

こんにちはDaiです(^^)
今回は結構勘違いの多くハッキリと把握されていないルールの説明をさせていただきます。

ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い、皆さん覚えてますか?
日本のゴルフ場でウォーターハザードを見る機会は少し減っているような気がしますが、時々ありますので今回のwebレッスンで違いを確認していただき、間違いのないように覚えていただければと思います。

■ウォーターハザード
20160323_blog_dai_01
黄色杭や黄色線で表示されているハザードのことです。

<処置の方法>
1.今打ったところから打ち直します
※ティーショットでしたらティーアップすることもできます

2.最後にボールが池を横切った地点とホール(ピン)とを結んだ線上で池の後方にボールをドロップします。
※後方であればいくら離れても距離に制限はありません

■ラテラルウォーターハザード
20160323_blog_dai_03
赤色杭や赤色線で表示されているハザードのことです。

<処置の方法>
1.今打ったところから打ち直します
※ティーショットでしたらティーアップすることもできます

2.最後にボールが池を横切った地点とホール(ピン)とを結んだ線上で池の後方にボールをドロップします。
※後方であればいくら離れても距離に制限はありません

3.最後にボールが池を横切った地点から2クラブレングス以内でホール(ピン)に近づかない所にボールをドロップ

4.その対岸でホール(ピン)から同じ距離にある地点から2クラブレングス以内でホール(ピン)に近づかない所にボールをドロップ

よく間違えてしまうのは、ウォーターハザードにボールが落ちた際にラテラルウォーターハザードの3の処置をしてしまうことです。
また、ウォーターハザードでもラテラルウォーターハザードでも処置のある最後にボールが池を横切った地点とホール(ピン)を結んだ後方線上。結ぶのはホール(ピン)なのでご注意ください。以前、メジャー大会で有名プロゴルファーも処置を間違えたことで有名です。

正しい処置を把握することで得することは多く、また勘違いして覚えてしまっていることも多いので、皆さんも正しいルール把握を心掛けてください(^^)

オススメのレッスン

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 760ビュー
  2. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 588ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 465ビュー
  4. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 334ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 329ビュー
  6. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 315ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 208ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 181ビュー
  9. イケてるキャディバックの持ち方 159ビュー
  10. ゲンテンレッスン at 東千葉カントリークラブ (井上法紀コーチ) 156ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る