カレドニアン・ゴルフクラブでMOG2.0 Meetingを開催しました

2021年4月17日 |

みなさんこんにちはGEN-TENの寺嶋です。
先日カレドニアン・ゴルフクラブでMOG2.0 Meetingを開催しました。
MOG2.0 Meetingは中上級者向けH.C.制のラウンドイベントになります。

当日の会場であるカレドニアン・ゴルフクラブは、国内屈指のメンテナンスとオーガスタナショナルGCのスピードを誇る高速グリーンが有名です。世界のゴルフコースの中でも評価が高いことで有名なコースです。

練習施設も充実していますので早くから来場されて練習に打ち込む方も多くいらっしゃいました^^

1番ホールからスタートしていきました。
晴れ渡るお天気とそして最高のコンディションの中、みなさん素晴らしいショットでスタートされていきました。

9番ホールの上がりのホールでみなさんが上がってくるのを待ってプレーを見守りました。グリーンを狙ったナイスショットもグリーン奥に流れてしまうほどの早いグリーンでした。

終わってみるとスコアも皆さん大きく崩されていた様子でした。しかし皆さん楽しそうなご様子で、またリベンジしたいというお声をいっぱい頂きました。素晴らしいコースでプレーするのはやっぱりいいですね^^

当日は3組と小規模でしたがGEN-TENメンバーさま同士で交流も楽しんでもらいました!

また来年もこのコースで開催したいと思います。

次回のMOG2.0 Meetingの開催はまだ未定ですが決まり次第、メールマガジンやクラブハウスでお知らせします^^

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

寺嶋 慶介

寺嶋 慶介

初心者レッスンを担当してます寺嶋です!
ゴルフをスタートさせた皆さまのサポートをしています。
特技はお悩み相談です。ゴルフ以外のお話も皆さんとできると嬉しいです^^

インスタグラムに投稿しています
シンプルな動きがスイングの綺麗さに繋がっていくと思います。お気軽にフォローください。

2021年7月発売週刊ダイヤモンドの取材を受けました

2021年Regina初夏号「ビギナーさんいらっしゃい!」の取材受けました


web版でもご覧になれます

サイクロイド曲線を描くゴルフスイング
サイクロイド曲線に沿ってスイングができると物理的に最高のヘッドスピードが生まれるので飛距離が上がる可能性があります。また距離に関わらず同じタイミングでボールを捉えることができるので自分の打った感覚と距離のばらつき減り、弾道のブレも少なくなります。→記事

YouTubeでレッスン動画を配信しています
レッスン動画をYouTubeに配信しています。

レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう
そのスイング改造はホントに正解ですか?!コーチと相談して納得できるスイングを目指していきましょう。→記事

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 253ビュー
  2. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 216ビュー
  3. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 215ビュー
  4. 【ゴルフ】100切りを達成するには?!コースでチャレンジしましょう! 210ビュー
  5. シャフトクロスになる原因は右肘! 202ビュー
  6. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 162ビュー
  7. キャスティング防止でインパクトを安定させよう! 148ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 132ビュー
  9. ゴルフ ドライバーを飛距離アップさせるための6つの方法 127ビュー
  10. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 116ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る