ラグを作って飛距離アップ!

2019年12月14日 |

こんにちは、toshiyukiです!
12月に入り冬本番を迎えますが体調は崩されていませんか?
この季節は体も動かしづらくなる上、ケガもしやすいので防寒対策やストレッチなど念入りにしてゴルフを楽しんでいきましょう!

さて今回のテーマはこちらです。

『ラグを作って飛距離アップ!』

◼︎飛距離の3要素

飛距離アップはゴルファーの永遠のテーマだと思います。
飛距離にはボール初速、打ち出し角、スピン量の3つの要素が影響します。
そのなかでもボール初速は飛距離に直結するのでPGAのツアー選手も飛距離を伸ばす為にボール初速を上げることに注力しています。

◼︎ボール初速を上げるには?

ボール初速上げるにはヘッドスピードとミート率を上げることが必要です。
ヘッドスピードを上げるとなると筋力アップというイメージが強いと思いますが現状の筋力でもスイングを改善することでヘッドスピードを上げることができます。

◼︎ラグを作る

今ある筋力で最大限にヘッドスピードを上げる為にはダウンスイングで腕とクラブにLAG(ラグ)を作ることが大切です。
ラグとは直訳すると「遅れる」という意味があります。
スイング中、クラブが腕を追い越す時にヘッドスピードが最大になります。
ダウンスイングで腕よりもクラブが遅れて下りてきてインパクト直後にクラブが腕を追い越すことでクラブヘッドが最加速した状態でボールを捉えることができます。

◼︎左腕のポジションがカギ

ダウンスイングで腕とクラブにラグを作る時にカギとなるのが左腕のポジションです。
アドレスでは胸と左腕が作る角度はほぼ90°になります。
GEN-TENゴルフコースレッスンラグアドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンラグアドレスの左腕のポジションの写真
トップでは60°ぐらいになりハーフウェイダウン(クラブと地面が平行になるポジション)からインパクトではアドレスよりも少し角度が大きくなるのが理想です。
GEN-TENゴルフコースレッスンラグハーフウェイダウンの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンラグインパクトの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンラグハーフウェイダウンの左腕のポジションの写真
逆にハーフウェイダウンからインパクトにかけて胸と左腕が作る角度がアドレスよりも小さくなってしまうとコックが早くほどけてしまいインパクト前にクラブが腕を追い越してしまいます。
いわゆるアーリーリリースになってしまいます。
GEN-TENゴルフコースレッスンアーリーリリースハーフウェイダウンの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンアーリーリリースインパクトの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンアーリーリリースハーフウェイダウンの左腕のポジションの写真

ゴルフでは左腕をリードアームと言われていますがダウンスイング以降、左腕でクラブを引っ張っていく意識を持つことでラグを作りやすくなります。
アーリーリリースになってしまう方は是非一度左腕のポジションを意識してみてください!

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

寒暖差の激しい日々が続きますが皆様、体調を崩されていませんか?
手洗いうがいをこまめに行いながら体調管理に気をつけてゴルフを楽しみましょう!(^^)

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 300ビュー
  2. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 286ビュー
  3. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 193ビュー
  4. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 141ビュー
  5. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 140ビュー
  6. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 138ビュー
  7. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 117ビュー
  8. 上達に欠かせない!前傾姿勢をキープ出来ない原因 112ビュー
  9. 右手を上手に使ってインパクトを安定させよう! 106ビュー
  10. 前傾姿勢を保つには左肩がポイント! 97ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る