ゴルフ 飛距離アップのためのトレーニング

2020年9月16日 |

こんにちは、toshiyukiです!
ここ数年、PGAツアーではかなりトレーニングを積んで飛距離アップしている選手が多いですね。
つい最近の話でいうとブライソン・デシャンボーという選手がトレーニングで肉体改造を行い10kg増量して平均飛距離が20ydも伸びたという話題がありました。
PGAツアーのドライビングディスタンスでもトップに立ち、先日開催されたザ・メモリアルトーナメントではキャリーで345ydも飛ばしたそうです。
彼ほどの肉体改造は我々には現実的ではありませんが筋力アップが飛距離アップに繋がることは証明されたと思います。
私も時間があればトレーニングを行なっていますが今回の記事では皆さんにも参考になるような飛距離アップに繋がるトレーニングメニューをご紹介したいと思います。

飛距離アップのためのトレーニング

スクワット

まず一つ目はスクワットです。
スクワットはトレーニングにおいて三大種目のひとつにあげられる基礎的なトレーニングで多くのスポーツのトレーニングメニューに取り入れられています。
ゴルフも例外ではなく私たちが力を出す時には必ず地面からの反力を使っています。
その反力をヘッドスピードに変換することで飛距離アップに繋がります。
より大きな反力を得るためには正しいフォームで地面に力を加えることが大切です。
ポイントは肩幅ぐらいに足を開き膝がつま先よりも前に出ないようにお尻を後ろに引く意識で下がります。
椅子に腰掛けるようなイメージを持つと正しい姿勢を保ちやすくなります。
正しい姿勢で行うとお尻やハムストリングスに張りを感じられると思います。
初めは10回×3セットぐらいから始めてどんどん回数を増やしていきましょう!
GEN-TENコースレッスン飛距離アップトレーニングスクワット正面直立
GEN-TENコースレッスン飛距離アップトレーニングスクワット正面屈曲
GEN-TENコースレッスン飛距離アップトレーニングスクワット側面直立
GEN-TENコースレッスン飛距離アップトレーニングスクワット側面屈曲

レッグツイスト

次にレッグツイストといって脚を上げて行う腹斜筋のトレーニングです。
ゴルフスイングでは上半身と下半身を捻転させその捻り戻すスピードによってクラブが加速します。
捻転差を大きくすることも大切ですがそれを捻り戻す筋力がないとスピードは上がりません。
そのためには腹斜筋を鍛える必要があります。
まず、仰向けに寝た状態で両腕を広げます。
そして両脚を伸ばした状態で地面と垂直になるまで上げます。
そこから脚を地面スレスレまで右に倒していき元の位置に戻します。
今度は左に倒しこれを左右交互に行います。
両脚を伸ばした状態がキツい方は膝を90°に曲げた状態でも結構です。
これも10回×3セットぐらいから始めて余裕のある方は回数を増やしていきましょう。
GEN-TENコースレッスン飛距離アップトレーニング腹筋
GEN-TENコースレッスン飛距離アップトレーニング腹筋正面垂直
GEN-TENコースレッスン飛距離アップトレーニング腹筋正面右倒し
GEN-TENコースレッスン飛距離アップトレーニング腹筋正面左倒し
GEN-TENコースレッスン飛距離アップトレーニング腹筋側面垂直
GEN-TENコースレッスン飛距離アップトレーニング腹筋側面右倒し
GEN-TENコースレッスン飛距離アップトレーニング腹筋側面左倒し

バックエクステンション

最後はバックエクステンションです。
背筋を鍛えるトレーニングですが背筋には大きく分けて僧帽筋、広背筋、脊柱起立筋(上下)があります。
僧帽筋と広背筋は肩甲骨を動かす時に働く筋肉でスイング中は腕の振る時に使われます。
また脊柱起立筋はスイング中の姿勢(前傾角度)を保つのにとても大切な筋肉です。
この全ての背筋を鍛えるのにバックエクステンションが効果的です。
やり方はとても簡単でうつ伏せに寝た状態から両腕を広げ両肘を90°に曲げます。
そして上体と脚を同時に上下させます。
初めは腰を痛めないようにゆっくり行って下さい。
上記のトレーニングと同様に10回×3セットから始めて余裕が出てきたら回数を増やしてリズム良く行ってみて下さい。
GEN-TENコースレッスン飛距離アップトレーニングバックエクステンション
GEN-TENコースレッスン飛距離アップトレーニングバックエクステンションアップ

飛距離アップにはいろんな方法がありますがヘッドスピードを上げるにはやはり筋力アップが効果的だと思います。
まだまだ体を鍛えて飛ばしたいという方はぜひ参考にしてみて下さい!

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

自己紹介

こんにちは、toshiyukiです!
奈良県出身の50歳でゴルフ歴32年、レッスン歴20年のアラフィフゴルフコーチです。w
高校卒業後に研修生になりキャディやコースメンテナンス作業を行いながらツアー選手を目指しました。
8年間研修生として過ごした後、2年間アメリカのパームスプリングス(カリフォルニア州)でゴルフ留学。
アメリカでは今では当たり前ですが当時の日本にはなかったスイング動画を使ったレッスンに衝撃を受けました!

帰国後はプロコーチの江連忠プロに誘って頂き、ゴルフレッスンをスタート。
ここで学んだレッスンのスキルはもちろんのこと、諸見里しのぶプロや上田桃子プロ、岩田寛プロなどツアー選手の練習を間近で見たり一緒にトレーニングしたことは私の貴重な財産になっています。
ゴルフにはロングゲーム、ショートゲーム、コースマネージメントなど様々な要素がありますが私のゴルフはショートゲームでスコアを作っていくプレースタイルです。

WEBレッスンでもアプローチやバンカーショット、パッティングなどショートゲームについての記事を多く書かせて頂いています。
実際にレッスンでもショートゲームに関しては自信を持って皆様をサポートしていきますよ!
また個人的にはトレーニングが趣味?なのでトレーニング好きの方、大歓迎です!(笑)
ゴルフは上達や楽しむまでに時間がかかるスポーツですが地道に練習を続ければ必ず誰でも楽しめるようになります。
最近、ゴルフを始めた方も多いと思いますが多くのゴルファーにゴルフを楽しんでもらえるようサポートしていきますので一緒に頑張っていきましょう!
「継続は力なり」です!

まだ2月ですが春を感じる暖かい日が続いていますね!
ゴルファーにとっては嬉しい限りですね!
でも暖かくなると花粉が・・・苦笑
花粉対策も行いながら春のゴルフシーズンに向けて一緒にレベルアップしていきましょう!
皆様にお会い出来るのを楽しみにお待ちしています!(^^)

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 270ビュー
  2. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 207ビュー
  3. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 175ビュー
  4. キャディバックの持ち方 137ビュー
  5. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 133ビュー
  6. シャフトクロスになる原因は右肘! 128ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 120ビュー
  8. ゴルフ ドライバーを飛距離アップさせるための6つの方法 102ビュー
  9. FOURTEEN DJ-6試打レポート 99ビュー
  10. 週1くらいがベスト?! 理想的な必要なゴルフの練習頻度について 76ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る