ティーショットの安定感を出すための「プレショットルーティーン」

2015年6月9日 |

皆さんこんにちは!kentaroです(^-^)
今回は悩んでいる方も多いと思われるドライバーのティーショットの安定感を出すための「プレショットルーティーン」をご紹介していきます!

①まずはいつも通りボールに対してアドレスを作ってあげてください。

20150605_blog_kentaro_01

②そこから、いつもの素振りの半分以下くらいのテンポでゆっくりとトップの形を作ります。
20150605_blog_kentaro_02

③トップからまた同じくらいゆっくりとしたテンポでボールの位置までダウンスイングを行います。
このときにしっかりとフェースが目標方向に向いた状態で戻ってきているかを確認してあげてください。

下の写真のように手元が先行しすぎたりしていると、
やはりフェースは開いた状態でインパクトを迎えてしまうことになります。
20150605_blog_kentaro_03

20150605_blog_kentaro_04

フェースの向きの重要性は理解されている方が多いかもしれませんが、このルーティーンでもう一つチェックしていただきたいのが、インパクト時のフェースに対するボールの位置です。

ドライバーではフェースに当る位置によってボールの曲がり方が変わってきます。
写真のようにヒール側に当ると、スライス回転が掛かりやすくなってしまいます。実際にお客様でもヒールに当ることでスライスしている方を多く見ます。
20150605_blog_kentaro_05

20150605_blog_kentaro_06

しっかりとインパクトでフェースの向きが目標方向に向いているか、クラブの芯がボールのところに戻ってきているかをこのゆっくりとした動きでチェックしていてください。
20150605_blog_kentaro_07

ゆっくりな動きで確認することで、普通の素振りでは気づけなかった自分の身体の悪い動きが分かってきたり、意識するポイントに気づけたりします。
この動きに慣れてくると、実際のプレーのときにもルーティーンに取り入れられるようになってくるので、まずは練習場から試してみて下さいね(^-^)

この記事を書いたのは

原田 健太郎

原田 健太郎

朝晩は冷え込みが強くなってきましたが、まだまだ日中は暖かくゴルフ日和が続いていますね!

2019年も残り少なくなってきましたので、本格的に寒くなる前にたくさんコースで練習しておきましょう!

最近は公式YouTubeに動画が上がっていますので、興味のある方は是非是非ご覧ください(^-^)

週間アクセスランキング

  1. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 220ビュー
  2. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 186ビュー
  3. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 183ビュー
  4. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 180ビュー
  5. アプローチのピッチとランの比率 147ビュー
  6. 正しい腰の回し方 137ビュー
  7. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 137ビュー
  8. 2019/11/28〜12/5週刊GEN-TEN 117ビュー
  9. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 115ビュー
  10. AwとSwの使い分け 109ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る