ターゲットにまっすぐ構えるために!

2019年5月14日 |

こんにちは、toshiyukiです!
ゴルフシーズン真っ只中ですね!
ラウンドの機会も増えてくると思いますが皆さん、ゴルフを楽しんでますか?
さて今回はアライメントについてお話しします。

『ターゲットにまっすぐ構えるためのルーティン』

ラウンド中にナイスショットしたのにボールが狙った所に飛んでいかないという経験をされた方もいるかも知れません。
また自分ではターゲットにまっすぐ構えているつもりなのに同伴競技者に「右向いてるよ」って言われたことがある人も多いのではないでしょうか?

◆ターゲットにまっすぐ構えるのはプロでも難しい!

実はコースに出てターゲットにまっすぐ構えることはとても難しいことなんです。
今年の1月からルールが大きく変わって出来なくなりましたが、去年まで女子ツアーでは選手が打つ寸前までキャディを後ろに立たせてアライメントを確認している場面をよく見かけました。
それぐらいプロの選手でもターゲットにまっすぐ構えるのは難しいということです。
でもこれからご紹介するルーティンを行えばターゲットにまっすぐ構えやすくなります。
まずは飛球線後方に立ちボールとターゲットを結んだ直線を頭の中でイメージします。
ボールから少し離れた方が方向を合わせやすいです。
GEN-TENゴルフコースレッスンルーティンの写真
次にボールの50〜60cm先のイメージした直線上に何かスパット(目印)を見つけます。
綺麗なコースだと見つけづらいですが枯芝や芝の色が変わった所など目を凝らして見つけてください。(笑)
GEN-TENゴルフコースレッスンルーティンスパットの写真
そのスパットを見失わないようにアドレスに入りスパットにフェースをまっすぐ合わせターゲットラインに平行に立ちます。
GEN-TENゴルフコースレッスンルーティンアドレスの写真
構えたらターゲットに目を向け視界の真ん中にターゲットがあれば完璧です!
GEN-TENゴルフコースレッスンルーティンターゲット確認の写真
ドライバーからパターまで全て同じルーティンを行なってください。
このルーティンは先日マスターズで復活優勝を遂げたタイガーウッズ選手や多くのツアー選手が実践しています。
GEN-TENではハーフラウンドレッスンも開催していますのでこのルーティンを試しに来てください!

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

そろそろ梅雨の時期に入りますが皆さんゴルフを楽しんでますか?
普段、雨の日はプレーしないという方も今年は雨ゴルフにチャレンジしてみては?
雨ゴルフのコツなどもレッスンでお伝えしますよ!
自然の中でゴルフを楽しんでいきましょう!(^^)

週間アクセスランキング

  1. 快適に雨のゴルフを楽しむコツ! 849ビュー
  2. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 345ビュー
  3. ゴルフ ドライバーの精度アップで90切りが見えてくる! 335ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 300ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 245ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 212ビュー
  7. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 198ビュー
  8. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 162ビュー
  9. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 159ビュー
  10. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 137ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る