ターゲットにまっすぐ構えるために!

2019年5月14日 |

こんにちは、toshiyukiです!
ゴルフシーズン真っ只中ですね!
ラウンドの機会も増えてくると思いますが皆さん、ゴルフを楽しんでますか?
さて今回はアライメントについてお話しします。

『ターゲットにまっすぐ構えるためのルーティン』

ラウンド中にナイスショットしたのにボールが狙った所に飛んでいかないという経験をされた方もいるかも知れません。
また自分ではターゲットにまっすぐ構えているつもりなのに同伴競技者に「右向いてるよ」って言われたことがある人も多いのではないでしょうか?

◆ターゲットにまっすぐ構えるのはプロでも難しい!

実はコースに出てターゲットにまっすぐ構えることはとても難しいことなんです。
今年の1月からルールが大きく変わって出来なくなりましたが、去年まで女子ツアーでは選手が打つ寸前までキャディを後ろに立たせてアライメントを確認している場面をよく見かけました。
それぐらいプロの選手でもターゲットにまっすぐ構えるのは難しいということです。
でもこれからご紹介するルーティンを行えばターゲットにまっすぐ構えやすくなります。
まずは飛球線後方に立ちボールとターゲットを結んだ直線を頭の中でイメージします。
ボールから少し離れた方が方向を合わせやすいです。
GEN-TENゴルフコースレッスンルーティンの写真
次にボールの50〜60cm先のイメージした直線上に何かスパット(目印)を見つけます。
綺麗なコースだと見つけづらいですが枯芝や芝の色が変わった所など目を凝らして見つけてください。(笑)
GEN-TENゴルフコースレッスンルーティンスパットの写真
そのスパットを見失わないようにアドレスに入りスパットにフェースをまっすぐ合わせターゲットラインに平行に立ちます。
GEN-TENゴルフコースレッスンルーティンアドレスの写真
構えたらターゲットに目を向け視界の真ん中にターゲットがあれば完璧です!
GEN-TENゴルフコースレッスンルーティンターゲット確認の写真
ドライバーからパターまで全て同じルーティンを行なってください。
このルーティンは先日マスターズで復活優勝を遂げたタイガーウッズ選手や多くのツアー選手が実践しています。
GEN-TENではハーフラウンドレッスンも開催していますのでこのルーティンを試しに来てください!

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

先日、関西に異動しました。
関東での5年間はあっという間でしたがとても充実した時間でした!
関東で経験したこと、学んだことをこれからのレッスンに活かしながら関西の皆様にゴルフの楽しさをお伝えしていきたいと思います!
これからも宜しくお願い致します。

☆キャンプのご案内
7/20(土)〜21(日)
ディスカバリーキャンプ at JOYXゴルフ倶楽部 上月コース

8/11(日)〜12(月)
ディスカバリーキャンプ at 紀伊高原ゴルフクラブ

8/13(火)〜15(木)
強化合宿 at サニーカントリークラブ

週間アクセスランキング

  1. シャンクの原因はもしかしてバックスイングにある⁇ 1,254ビュー
  2. バイオメカニクスからみたクラブ選びについて 458ビュー
  3. ゴルフ上達のヒント!「つま先下がりで失敗しない!」 342ビュー
  4. 上級者にオススメ!「グリーンエッジでラフの境目にボールが止まった時の対処法」 339ビュー
  5. クラブ選択について〜アプローチ編〜 231ビュー
  6. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 221ビュー
  7. ゴルフ上達の練習法!「結果を決めるビジネスゾーンチェック」 203ビュー
  8. 正しい腰の回し方 185ビュー
  9. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 174ビュー
  10. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 169ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る