ターゲットに正しく構える方法

2017年10月5日 |

こんにちは takuroです(^ ^)
今回はターゲットに対してまっすぐ構えやすくなる方法をご紹介します。

アドレスに入る前に目標を見つけて、

1度アドレスに入りフェイスをターゲットに合わせた後、


一歩後ろに下がり素振りをして、


また一歩前に出てアドレスに入り、ボールを打つ方が多いかと思います。


しかしこのようにアドレスに入ってしまうと、最初に見つけた目標に合わせにくくなってしまいます!!
目標からずれてしまう理由は、一歩後ろに下がって素振りをして、アドレスに入る時に下の写真のように足元がずれて構えてしまいやすくなるからです。

もちろん一歩出る時に両足とも同じ幅だけ前に出ることができればターゲットに構えることはできると思います。

ターゲットにまっすぐ構えるためにはルーティンの順番が大切です!!
1.素振りをします。

2.後ろからターゲットを見つけます

3.ターゲットにフェイスの向きを合わせながらアドレスに入ります。

どれだけいいショットを打っても、アドレスで方向が間違っているとミスショットと勘違いしてしまうかもしれません!!
アドレスの方向が間違っているとよく言われる方は是非試してみてください!!(^ ^)

この記事を書いたのは

源河 卓朗

源河 卓朗

こんにちは takuroです(^^)

待ちに待った春がやってきましたね!
寒い時期は休んでいた方も本格的なゴルフシーズンに向けて準備していきましょう‼︎

4月25日
春のアプローチ&バンカー特訓 武蔵松山カントリークラブ

5月3日〜5日
強化合宿 那須国際カントリークラブ

7月26日〜28日
強化合宿 サニーカントリークラブ(長野)

週間アクセスランキング

  1. ボールが曲がる仕組み知ってますか? 1,971ビュー
  2. ターゲットにまっすぐ構えるために! 793ビュー
  3. ナイスショットを生み出すフォロースルー 599ビュー
  4. フェアウェイバンカーでのクラブ選択 506ビュー
  5. 中途半端な距離のアプローチ 472ビュー
  6. バンカー内の傾斜 432ビュー
  7. 正しい腰の回し方 399ビュー
  8. アドレスのチェックポイント「肩の上下編」 372ビュー
  9. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 299ビュー
  10. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 285ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る