ゴルフ アプローチのアドレスの向き合ってますか?

2022年2月20日 |

こんにちは、toshiyukiです!
アプローチの時に左に引っかかるという悩みをお持ちの方が多いです。
スイング中に何かエラーが生じている可能性もありますがそもそもアドレスの向きが合っていない場合が多いです。
そこで今回はアドレスの向きにフォーカスしてお話ししたいと思います。

アプローチのアドレスの向き

スタンスの向き

一般的にはアプローチではオープンスタンスで構えるのが基本だと言われています。
その理由はボールポジションが深く関係しています。
ボールを高く上げるアプローチ以外は右足寄りにボールを置いて構えます。
GEN-TENコースレッスンアプローチの向きアドレス正面
右足寄りにボールを置くことでロフトが立ちボールは低い弾道で飛び出していきます。
またクラブの最下点がボールの先になりクリーンにヒットしやすくなります。
GEN-TENコースレッスンアプローチの向きインパクト正面
GEN-TENコースレッスンアプローチの向きフォロー正面
この時、クラブヘッドはインサイドアウトの軌道になるのでボールは右に飛び出しやすくなります。
GEN-TENコースレッスンアプローチの向きスクエアアドレス
GEN-TENコースレッスンアプローチの向きスクエアテークバック
GEN-TENコースレッスンアプローチの向きスクエアダウンスイング
GEN-TENコースレッスンアプローチの向きスクエアインパクト
GEN-TENコースレッスンアプローチの向きスクエアフォロー
ボールを真っ直ぐ打ち出していく為にはクラブヘッドの軌道をターゲットラインにストレートに近づけていく必要があります。
その為にオープンスタンスに構えます。
GEN-TENコースレッスンアプローチの向きオープンアドレス
GEN-TENコースレッスンアプローチの向きオープンテークバック
GEN-TENコースレッスンアプローチの向きオープンダウンスイング
GEN-TENコースレッスンアプローチの向きオープンインパクト
GEN-TENコースレッスンアプローチの向きオープンフォロー
しかし左に向き過ぎるとクラブの軌道がストレートを通り越してアウトサイドインになってしまいボールは左に飛び出してしまいます。
クラブヘッドの軌道には個人差があるので自分なりの正しいスタンスの向きを見つけて下さい。

フェースの向き

アプローチの方向性に直接影響するのがインパクト時のフェースの向きとクラブの軌道です。
特に打ち出し方向に対してフェースの向きはが80%ぐらい影響するのでアドレスで狙った方向にスクエアに構えることが大切です。
しかしSwをスクエアに合わせようとした時にほとんどの方が狙った方向よりも左を向けて構えています。
というのも下の写真の様にSwのスコアライン(フェースの溝)を狙った方向に直角に合わせるとフェースは左を向きます。
GEN-TENコースレッスンアプローチの向きフェースアングルクローズ
なので視覚的に少しフェースを右に向けて構えるとことで実際にフェースの向きはスクエアになります。
GEN-TENコースレッスンアプローチの向きフェースアングルスクエア
初めは右に飛びそうで不安だと思いますが実際に打ってみて真っ直ぐ飛んでいくのを実感できると不安も消えてくると思います。
後は構えた時の違和感に頑張って慣れていきましょう!
スタンス及びフェースの向きのチェックは自分では難しいのでぜひレッスンに来て確認してみて下さい!
GEN-TENのコンセプトメニューでもあるゲンテンレッスンはロングゲームからショートゲーム、コースマネージメントなどバランスよく学べるレッスンとなっています。
芝の上からアプローチの練習もできるので一緒にアプローチの腕を磨いていきましょう!
レッスンの内容はこちらの動画でチェックして下さい!

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

自己紹介

こんにちは、toshiyukiです!
奈良県出身の50歳でゴルフ歴32年、レッスン歴20年のアラフィフゴルフコーチです。w
高校卒業後に研修生になりキャディやコースメンテナンス作業を行いながらツアー選手を目指しました。
8年間研修生として過ごした後、2年間アメリカのパームスプリングス(カリフォルニア州)でゴルフ留学。
アメリカでは今では当たり前ですが当時の日本にはなかったスイング動画を使ったレッスンに衝撃を受けました!

帰国後はプロコーチの江連忠プロに誘って頂き、ゴルフレッスンをスタート。
ここで学んだレッスンのスキルはもちろんのこと、諸見里しのぶプロや上田桃子プロ、岩田寛プロなどツアー選手の練習を間近で見たり一緒にトレーニングしたことは私の貴重な財産になっています。
ゴルフにはロングゲーム、ショートゲーム、コースマネージメントなど様々な要素がありますが私のゴルフはショートゲームでスコアを作っていくプレースタイルです。

WEBレッスンでもアプローチやバンカーショット、パッティングなどショートゲームについての記事を多く書かせて頂いています。
実際にレッスンでもショートゲームに関しては自信を持って皆様をサポートしていきますよ!
また個人的にはトレーニングが趣味?なのでトレーニング好きの方、大歓迎です!(笑)
ゴルフは上達や楽しむまでに時間がかかるスポーツですが地道に練習を続ければ必ず誰でも楽しめるようになります。
最近、ゴルフを始めた方も多いと思いますが多くのゴルファーにゴルフを楽しんでもらえるようサポートしていきますので一緒に頑張っていきましょう!
「継続は力なり」です!

春ですね!
ゴルフ場も芝や花が色付いてとても綺麗です!
自然の美しさを感じながらプレーするのもゴルフの楽しみ方のひとつですね!
皆さんもぜひコースに足を運んでみて下さい!
一緒に春のゴルフを満喫しましょう!(^^)

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 313ビュー
  2. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 258ビュー
  3. 2023年新ルール知ってますか? 256ビュー
  4. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 236ビュー
  5. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 204ビュー
  6. 競技用スコアカードの書き方 160ビュー
  7. パットでショートしてしまうゴルファーの特徴と改善方法 150ビュー
  8. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 142ビュー
  9. キャディバックの持ち方 137ビュー
  10. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 137ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る