ボールの高さを簡単に打ち分ける方法(アプローチ編)

2017年6月11日 |

ゴルフシーズン真っ只中!
みなさん、ゴルフを楽しんでますか?
グリーン周りからアプローチをする時、砲台グリーンやカップの位置などその状況にあったボールの高さが要求されます。
ボールの高さを打ち分けるとなると、とても難しく感じる方もいるかもしれんませんが実はとても簡単なんです。

アドレスでのボールの置く位置を変えるだけで簡単に打ち分けることができます。
低い球を打つ時はボールを右足寄りに置き、高く上げたい時は左に置きます。
スイングは一切変える必要はありません。
低い球

高い球

この時の注意事項としてはボールの位置が変わってもグリップの位置を変えないことです!

グリップは常に左股関節の前で構えてください。
あとはいつも通りスイングするだけでボールの高さを打ち分けることができます。
イメージ通りの高さでボールが飛んで行かない方は、ボールの位置とグリップの位置をチェックしてみてください。
簡単すぎて拍子抜けされる方もいるかもしれませんが、ゴルフはできるだけシンプルにプレーした方が成功する確率も高いのでぜひ試してみてくださいね!

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

こんにちは!
不安な日々が続きますが皆さんと一緒にゴルフの話をして少しでも気持ちが上向きになって頂けたらという思いでオンラインでのサービスを実施しています。
ぜひ参加してみてください!

・ゴルフコンサルティングサービス
https://www.gen-ten.jp/news/2020_99964/

・オンラインセミナー(メンバー限定)
https://www.gen-ten.jp/clubhou…/member_diary/20200404_99566/

週間アクセスランキング

  1. 芝生について語りたい!前編 1,412ビュー
  2. ゴルフ ロブショットについて 818ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 503ビュー
  4. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 454ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 405ビュー
  6. 右肘はタメずにリリース! 335ビュー
  7. 「自分に合うウェッジを見つけよう!」ヒント at レイクグリーンゴルフ倶楽部 302ビュー
  8. ゴルフスイングの基本のキホン 230ビュー
  9. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 223ビュー
  10. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 174ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る