グリーン周りのミスを減らす~左足片足ドリル~

2016年6月4日 |

みなさん、こんにちは~。GTN-TENに復帰した雪田です!
これから東海地区をメインにレッスンをたくさん開催します。
どうぞよろしくお願いします(*^^*)

ショットが好調で少ない打数でグリーン周りにボールを運びました。Parとれるかも!
が、その期待もむなしくそこから…。あれっ~、ドップ、ダフリが止まらない(T_T)
そんな経験とはサヨナラしたいですね!
そこで今回はアプローチの左足片足ドリルをご紹介します。

右足を少し後ろに引いて左股関節に重心がのるようにアドレス(構え)します。
右足はつま先に少し体重が残るだけで80%以上左足に体重をかけます。ボールは左足つま先の前にセットします。
20160604_blog_yuki1
その重心のまま左股関節を軸に胴体部分とグリップとヘッドを一緒に右へ動かしてテイクバックします。
20160604_blog_yuki2
さらに重心を左股関節のまま胴体部分とグリップとヘッドを一緒に左へ動かしてダウンスイング~インパクト
20160604_blog_yuki3
フォローでも左足体重のまま踏ん張ります!(バランスキープ)
20160604_blog_yuki4
アプローチの基本は左足体重(右打ちの場合)です。
重心を移動させずに左足体重のままアドレス~テイクバック~インパクト~フィニッシュするのが大切です。
そしてアプローチでもミート率(クラブフェイスの芯でボールをヒットさせる)をあげるためには、胴体部分とグリップとヘッドを一緒に動かす一体感が必要です。
グリーン周りでダフリやトップがでるときは、ヘッドやグリップが先に動いてしまうことが多いですよ。

このドリルで左足体重と上半身の一体感を身につけましょう!!

ぜひ、試してみてくださいね~。
よくわからない方はレッスンで気軽に聞いてください(^_-)-☆

PS.私も7月16日~18日マオイゴルフリゾート強化合宿参加することになりました!
一緒に涼しい北海道で夏のゴルフを満喫しませんか~?
ご参加お待ちしてます(^^♪

この記事を書いたのは

雪田 悦子

雪田 悦子

Yukiです^ ^
新年明けましておめでとうございます!
2020年、みなさんはゴルフでどんな夢をみたいでしょうか。

「ベストスコア更新!」
「憧れのコースでラウンドする」
「コンペや競技で優勝する!」
「ホールインワン達成」

などなど心の奥底には叶えてみたい希望があると思います。
今年も私はそんなみなさんのお手伝いを頑張ります!!
私自身のテーマは「ボディメイク」体力強化でしっかりとコーチィング&ゴルフをしていきたいです。

2020年こそ、一緒に夢を叶えましょう(^^)

☆イベント&合宿のお知らせ☆
1月28日(火)
FT&UT強化レッスン

https://www.gen-ten.jp/event/22637

2月9日(日)
スパイチルトを作ってナイスショット

https://www.gen-ten.jp/event/22772

2月14 (金)~16日(日)
バンコクトリップ合宿

https://www.gen-ten.jp/event/21984

4月10(金)~ 12日(日)
高知強化合宿

https://www.gen-ten.jp/event/22792

週間アクセスランキング

  1. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 1,641ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント!〜スライスの仕組みと改善方法〜 766ビュー
  3. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 365ビュー
  4. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 348ビュー
  5. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 311ビュー
  6. ゴルフアプローチ〜グリーン周りからのマネジメント基本編〜 259ビュー
  7. タイ ゴルフ〜強化合宿 at スプリングフィールド・ロイヤル・カントリークラブ〜 190ビュー
  8. アプローチのピッチとランの比率 183ビュー
  9. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 147ビュー
  10. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 129ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る