トップ防止のアプローチドリル

2016年11月26日 |

こんにちは〜、雪田です(^^)
みなさん、秋のラウンドを楽しんでいますか?

ラウンドで気持ちいいナイスショットが出ました!が、わずかにグリーンを外して、ピンまで20yの短いアプローチが残りました。そこから寄せてワンパットまたは、3打以内でいけたら嬉しいですね〜。スコアも安定します。
ところがそこからトップしてのグリーンの反対側に。さっきより長いアプローチが残ってしまうと心が折れそうになっちゃいます(笑)

どうして、トップしてしまうのでしょうか?

原因は手首を使いすぎていることが多いです。
このような打ち方です。
20161126_blog_yuki1
手首ですくい上げるような感じですね。

これを防ぐため今回は手首の動きを抑えるアプローチドリルをご紹介します。
GEN-TENオリジナルのアライメントロッドを使いますね。
20161126_blog_yuki2
ロッドを左手グリップ側に重ねてセットし握ります
20161126_blog_yuki3

20161126_blog_yuki4
クラブと一緒にグリップしたロッドを左脇〜左腰あたりにつけアドレス
20161126_blog_yuki5

20161126_blog_yuki6

テークバック
20161126_blog_yuki7

20161126_blog_yuki8
*このときはロットは左脇から離れてもOKです。

インパクト
20161126_blog_yuki9

20161126_blog_yuki10

フォロー
20161126_blog_yuki11

20161126_blog_yuki12

インパクトからフォローにかけて左脇にロッドが密着したまま振りましょう。
手首を使い過ぎるとこれが離れてしまいます。最初は素振りから、徐々にボールも打てるようになりますよ。

アプローチも小手先だけでは安定しませんので、体の回転を使って振るのがポイントです。
トップなどアプローチでお悩みの方は試してくださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました( ◠‿◠ )

PS.12月18日 50y以内アプローチ強化&ハーフラウンドレッスンを豊田カントリー倶楽部で開催します。アプローチに自信をつけたい方は、ぜひご参加くださいね!

この記事を書いたのは

雪田 悦子

雪田 悦子

こんにちは、Yukiです^ ^
夏日も増えてきましたね!
みなさんは、生活環境の変化を強いられてストレスも溜まっていることかもしれません。コロナ対策をしてゴルフコースでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。
一面ぜ〜んぶキレイな緑色の芝に敷き詰められたコースはとっても心地よいですよ。
さらにオンコースで楽しくスキルアップできたらサイコーですね(^^)
大好きな夏に向かってテンションが上がってきた私も、みなさんのゴルフライフをしっかりとサポートします!
ブログを私のHPでも更新していますのでよろしければご覧ください ↓↓↓

yukip-golf.com

暑い夏は涼しいコースでのキャンプもご用意しました。爽快な高原で集中してゴルフに取り組んでみてはいかがでしょうか。
初めての方もどうぞお気軽にご参加下さい。

☆ディスカバリーキャンプのお知らせ☆
6月27(土)-28(日)日
@朝霧カントリークラブ

7月25(土)-26日(日)
@鷲ヶ岳高原ゴルフ倶楽部

8月8(土)-9(日)
@夏泊ゴルフリンクス

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 446ビュー
  2. 上達に欠かせない!前傾姿勢をキープ出来ない原因 358ビュー
  3. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 328ビュー
  4. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 256ビュー
  5. 左肘はスイング中、伸ばすの? 243ビュー
  6. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 226ビュー
  7. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 208ビュー
  8. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 182ビュー
  9. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 178ビュー
  10. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 166ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る