トップ撲滅!アプローチドリル

2016年8月23日 |

こんにちは〜、雪田です(^^)
みなさん夏のゴルフ楽しんでいますかぁ?
私は何十年ぶりに足もきつね色にこんがり焼けて、コースでお客様と一緒にゴルフを楽しんでいますよ〜。

ラウンドではアプローチの機会がたいへん多いです。
グリーン周りからチップイン(グリーンの外から1打でカップイン)や寄せワン(ワンショット&ワンパット)がとれるようになると嬉しいですね〜。
更にゴルフが楽しくなりますよ!

そこで今回はアプローチを安定させる練習方法をご紹介します。

アプローチが上手く当たらないときはこんな状態になっていることが多いです。
20160823_blog_yuki1
手首をこねてしまい、クラブヘッドが早く上がりすぎフェイスの下のほうにボールが当たる(ボールの上をヒット)。「カツン」という硬い感触。これがいわゆるトップと言われるアプローチです。

これを防ぐためにインパクト後もクラブヘッドが低く長くでるように練習します。
やり方は簡単!
ボールの10センチくらい前にティをさします。
20160823_blog_yuki2

アドレスして、そのままボールとティを一緒に打ちます
動画でご覧ください


ちょっと解りづらいですが、インパクト後ヘッドが低く長くでてボールとティが一緒に飛びました〜

これを数回繰り返してからティなして打ってみてくださいね。

上手くできるとハンドファーストでインパクト、ヘッドが低く長くフォロー。
これでフェイスの芯にボールの芯がジャストミートできるようになりますよ。
フェイスの芯とボールの芯が上手く当たるようになるとインパクトが安定します。
インパクトが安定すると狙ったポイントにボールを運びやすくなりますね。

是非試してみてください!
最後まで読んでいただき、ありがとうございましたo(^-^)o

この記事を書いたのは

雪田 悦子

雪田 悦子

こんにちは、Yukiです^ ^
東海では「暑いなぁ〜」と感じる日が増えてきました。梅雨が明けるといよいよ夏が到来しますね!
みなさんはどのようにお過ごしになりますか。
私は活動的になれる、開放感溢れる夏が大好きです(^^)

汗をたくさんかきながらのゴルフは充実感や達成感がありますね。ライバルに差をつけるチャンスかもしれません。

夏の暑さはちょっと苦手…という方は涼しい避暑地のコースへお出かけしてみてください。夏しか味わうことのできない爽やかな空気感が体験できますよ。

☆お知らせ☆
7月20(土)-21(日)
朝霧カントリーディスカバリーキャンプ

7月31日(水)-8月1(木)
鷲ヶ岳高原ゴルフディスカバリーキャンプ

8月13(月)-15(水)
サニーカントリークラブ強化合宿

8月31(土)-9月1(日)
鷲ヶ岳高原ゴルフディスカバリーキャンプ

週間アクセスランキング

  1. 左足下がりからスコアメイク! 1,101ビュー
  2. コーチはどのようにしてゴルフが上手くなったのですか? 518ビュー
  3. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 256ビュー
  4. ゴルフ上達練習法!「パッティングの距離感」 242ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 225ビュー
  6. 正しい腰の回し方 200ビュー
  7. アプローチのピッチとランの比率 185ビュー
  8. 股関節周りのストレッチ Vol.2 166ビュー
  9. AwとSwの使い分け 146ビュー
  10. 競技用スコアカードの書き方 130ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る