アプローチで距離感を磨くために

2018年7月4日 |

こんにちは!なかなか牧野コーチはWebレッスンに出てきませんね。
といわれてあたふたしてしまっていた牧野佑司です。

これからはたくさん出てますね!といわれるようにしていきますのでご期待いただければうれしいです。

今回のWebレッスンアプローチの距離感を磨く心構えをお話しさせていただきたいと思います。
アプローチの距離感を磨くにはいろいろな要素があります。

バックスイングだったりスピードだったり、クラブ選択だったりと。それを磨くために必要なのはたくさんボールを打つことですね。ゲンテンではコースで練習できるということもあり、アプローチ練習が充実しています。私、牧野もアプローチに特化したレッスンも開催しますのでぜひよろしくお願いいたします。(ヒントレッスンについて

レッスンの宣伝はこれぐらいにして。ではどうすればアプローチの距離感を磨けるのであるのでしょうか?僕はアプローチ練習を効率よくご自身のものにしていただきたいと思っております。無駄なボールを減らしていただきたいのです。
ではどうすればいいでしょうか?

非常に簡単な方法です。
アプローチショットをした後にボールが止まるまでボールをしっかり見ておくことです。

ボールがどのように上がって、どのように跳ねて、どこまで転がるのか?というショットを最後まで見届けるによって距離感が体の中に生まれます。感覚を得られるためには非常に大切なことです。ちょっとオーバーやショートしてしまってボールから視線をそらしてしまうと、どこまで飛んだというデータが残らないのです。

非常に地味な方法ですが間違いなく距離感を磨けます。なかなか実感しにくいことですが練習中からぜひお願いします。

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

こんにちは!牧野佑司です。残暑厳しいこの季節。みなさまゴルフを楽しんでおらっれますでしょうか?
ゲンテンではシーズンに向けても様々なイベントを予定しております。
これから涼しくなってラウンドを楽しまれたり、大きなコンペに向けて今のうちに練習をされるのでもいいですね。
そんなゴルフを何倍も楽しんでいただくためのレッスンをご提供できればと思いながらレッスンをしさせていただき7年目になります。
やればやるほどうまくなる思考。これを重要なテーマとしてレッスンをしております。
みなさまのレッスンのご参加心より楽しみにしております。

週間アクセスランキング

  1. 2018年10月下旬発売予定 Taylormade GAPR(ギャッパー) 493ビュー
  2. 競技用スコアカードの書き方 301ビュー
  3. トップの位置を固めてスイングを安定させよう! 188ビュー
  4. ハーフラウンドレッスン at 名古屋グリーンカントリークラブ(坂井槙之介) 187ビュー
  5. スイング中のフェースの向き 178ビュー
  6. カート道からの救済方法 166ビュー
  7. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 164ビュー
  8. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 160ビュー
  9. オーバー・ザ・トップ修正法 part2 150ビュー
  10. 強化合宿 at 那須国際CC (大矢隆司) 148ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る