こんな時どうする?「ボールがディボットに入った場合」

2013年9月10日 |

みなさん、こんにちは佐々木です!
9月に入り、不安定な天候が続いていますが、ひと雨降る毎に涼しい日も増えてきて、着実にゴルフシーズンの秋に近づいていますね(^^)

今回の『こんな時どうする?』はディボットに入ったボールです!
せっかくフェアウエイに打ったのに、運悪くディボットに…ゴルフは何が起るかわかりませんね。

ひとつにディボットと言っても、いろんな形があり、入る場所によって大きな違いがあります。
今回はどこに入っているか、入っている状況によっての違いをお話します。

<ターゲットよりにボールがある場合>
ディボットの深さによりますが、フェアウエイにある時と同じように打ちましょう!浅い場合はFWも可能ですが、深さによってはクラブの番手を落として下さい。

<ターゲットの反対側にボールがある場合>
FWよりは、アイアンを選択しましょう。クラブを鋭角に入れたいので、通常よりはボールを右にセットして下さい。深い場合は、更に鋭角に入れる為に、ショートアイアンを選択すると良いでしょう。
※ ボールを右にセットすることで、通常よりも低めのボールになりやすく、ミスショットも出やすいので、ハザードのない広い所を狙いましょう!

滅多に遭遇しないケースではありますが、何が起るかわからないのがゴルフです。いろいろなケースを想定して準備しておきましょう!
ターゲットの反対側にボールがある場合のイメージとしては、FWバンカーと似ているので準備としては、レッスンでFWバンカーからの練習をリクエストしてみて下さい!

今回の『こんな時どうする?』は如何でしたか?レッスン受講の時には、遠慮せずにコーチにどんどん質問して下さい!
秋に向け、幅広く準備をしていきましょう(^^)b

この記事を書いたのは

佐々木 康生

佐々木 康生

みなさんこんにちは、ko-seiです。

朝晩は少し冷え込んできましたが、日中は暖かくゴルフ日和が続いていますね!

秋のゴルフを楽しんでいますか?!

芝も少しずつ枯れてきたので対応も変わってきますが、

しっかりマネジメントして自分の強みを活かしたプレーをして下さい。

マネジメントのポイントは早めの準備です。

寒い冬に暖かい場所で、冬の計画(マネジメント)はお早めに(笑)↓
https://www.gen-ten.jp/event/21925

週間アクセスランキング

  1. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 219ビュー
  2. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 186ビュー
  3. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 182ビュー
  4. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 180ビュー
  5. アプローチのピッチとランの比率 147ビュー
  6. 正しい腰の回し方 137ビュー
  7. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 136ビュー
  8. 2019/11/28〜12/5週刊GEN-TEN 117ビュー
  9. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 115ビュー
  10. AwとSwの使い分け 109ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る