「え~!こんな時どうしましょう?バンカーの淵にボールが止まったら」

2019年4月11日 |

こんにちは!アームロック式パターに転向しようとしている牧野佑司です。

今回のwebレッスンはパッティングのお話ではなく、前回に引き続きバンカーに関するトラブルショットについてお話をさせていただきます。
名付けて「え~!こんな時どうしましょう?バンカーの淵にボールが止まったら」です。
それではこちらの画像をご覧ください。
GEN-TENゴルフコースレッスンバンカーの淵からのショットライの写真
ピン方向に向くとボールの後方にバンカーの淵があるという状態です。
GEN-TENゴルフコースレッスンバンカーの淵からのショットアドレス正面からの写真
この場合は通常のスイングをしてしまうと当然のことながらクラブが後方の淵に引っかかってしまいます。
GEN-TENゴルフコースレッスンバンカーの淵からのショットテークバック正面からの写真
ではどうすればいいでしょうか?
まず大前提として後方のバンカーの淵にクラブヘッドを当てないようにスイングをしないといけません。
となると通常のショットよりも鋭角にクラブを上げていかなくてはいけません。上にあげるということですね。
鋭角に上げると鋭角にボールをとらえなくてはいけません。
鋭角にボールを当てようとするとクラブのロフト角が下を向いてしまいボールが上がらなくなってしまいます。
さらにはクラブが砂に突き刺さってしまいます。
左足下がりからボールを打つようなクラブの軌道になります。
そこで、クラブのフェースを思い切り開いてみてください。
GEN-TENゴルフコースレッスンバンカーの淵からのショットフェースの開き具合の写真
鋭角に打つとロフト角が立って当たってしまうのであればそれを計算に入れてフェースを開いて構えればいいです。
とてもシンプルですね。
思い切り開いてください。
フェースが真上を向くくらいでも大丈夫かと思います。
GEN-TENゴルフコースレッスンバンカーフェースの向きの写真
あとは鋭角に思い切り地面にクラブをぶつけてください!
GEN-TENゴルフコースレッスンバンカーの淵からのショットフィニッシュの写真
いかかでしょうか?
試してみたくなったみなさん!ゲンテンレッスンでぜひ試してみてくださいね。

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

こんにちは!牧野佑司です。
僕も皆さんと同じくゴルフを上達したい一人であります。ゴルフの練習や情報収集、研究を重ねながらレッスンやゴルフを楽しんで行なっております。
またその気づきなどをブログやTwitterなどで発信しております。是非是非ぜひご覧ください。
最近のテーマは「ミスを続けさせないマインド」を心がけております。
レッスンでナイスショットを打って欲しいのはもちろんですが、ミスが出た後になんでミスになるのか?を正しく判断していただき、その対処方法によりミスを連続させないことでやればやるほどいい方向にゴルフが向かうことをテーマにしております!
是非また皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。
私のホームページはこちらから是非ご覧ください
https://www.makinogolfcenter.com/

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 313ビュー
  2. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 293ビュー
  3. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 203ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 147ビュー
  5. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 147ビュー
  6. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 143ビュー
  7. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 124ビュー
  8. 上達に欠かせない!前傾姿勢をキープ出来ない原因 114ビュー
  9. 右手を上手に使ってインパクトを安定させよう! 112ビュー
  10. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 99ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る