ドライバーでティーアップする時の注意

2014年4月30日 |

こんにちはMiya-Pです。
前回の「簡単アプローチでのダフリ、トップ克服方法」は読んで頂けましたか?
じつは今回も簡単にGOLFが良くなる方法を紹介します。

大型連休中の今、「明日ゴルフなんです。ドライバーをなんとかしたい!」と考えているゴルファーさんにとくにお勧め!
ずばり今回のテーマは「簡単にドライバーの飛距離を伸ばす」「簡単にスライスを抑制する方法」です。
いきなりですが、みなさんはドライバーでティーショトをする際、ボールをどの位置にセットしますか?

写真のようにクラブフェースのセンターでしょうか?
20140429_blog_miya01
あるいはトウ側ですか?20140429_blog_miya02

じつはティーアップされてボールを打つとヒール側に当たりやすくなると言われています。
つまりアドレス時にトウ側へセットすることが重要なのです。
現在使用しているドライバーのフェース面を一度確認してみてください。
打痕がフェース面のヒール側に多くある場合はボールをトウ側へセットしていきましょう。

たったこれだけのことですが、ボールが芯に当たるようになり飛距離がUP!
さらにヒール側に当たらなくなることにより球筋がスライス(ギア効果に曲がりが抑制)にならなくなります。
ぜひこのあとのGWでのラウンドでお試しくださいね!

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ上達のヒント!〜ドローとフェードの簡単な打ち分け方〜 2,112ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント!〜安定したインパクトを手に入れるハンドアクション〜 1,011ビュー
  3. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 337ビュー
  4. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 198ビュー
  5. クラブの重心を利用したスイングについて 174ビュー
  6. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 169ビュー
  7. アプローチのピッチとランの比率 168ビュー
  8. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 163ビュー
  9. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 158ビュー
  10. 2019/11/7〜11/13週刊GEN-TEN 136ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る