風を切って飛距離アップ!

2015年6月9日 |

こんにちは、toshiyukiです!
今回は飛ばしのテクニックを伝授します!!

飛距離を伸ばすにはヘッドスピードを上げること、そしてクラブヘッドがどこで一番加速するかが大事なポイントになります。
まず第一にヘッドスピードを上げる為に単純に言うと「ヘッドスピードを上げる=速く振る」ということになります。

重い物や長い物を振って体幹を強くするという練習器具もありますが、これはどちらかというとスイング(軸)を安定させるための練習ですね。
もちろん飛距離アップにも繋がりますが、逆に軽い物を速く振って体に速く振る感覚を覚え込ませた方が飛距離アップにはより効果的です。

なのでドライバーのヘッド側を持ってスイングしてみましょう!
とても軽いのでビュンビュン振れると思いますが手だけで振っては意味がないのでしっかり体を使って大きく速くスイングしていきましょう!
20150529_blog_toshiyuki_01

20150529_blog_toshiyuki_02

20150529_blog_toshiyuki_03
繰り返し行なうことで自然と体が速く振る感覚を覚えていきます。
短距離の陸上選手などは下り坂を利用して脚を速く動かす練習をしたりしますが同じ原理ですね。

そして前述したクラブヘッドが一番加速するポジションですが、ドライバーのヘッド側を持ってスイングすると風を切る音がすると思います。
その音がどの辺りで鳴っているかをよく聞いてみてください。

体の右側か正面で鳴っている人は、「ボールが当たる前にクラブヘッドが最加速」してしまっています。よってインパクト時には減速しながらボールに当たるので当たり負けしてしまい飛距離が伸びません。逆にいうと今と同じヘッドスピードでもクラブが一番加速する位置をインパクト以降(体の左サイド)にすれば加速状態でボールに当たるので飛距離が伸びる可能性があります。

体の動きで言うとコックがリリースされる時がクラブヘッドが一番加速するので、体の左サイドでリリースする意識でスイングしていきましょう!
20150529_blog_toshiyuki_04
飛距離でお悩みの方はぜひ一度試してみてくださいね!

何か分からないことがあればいつでも聞きに来てくださいね!たくさんの方にお会いできるのを楽しみにお待ちしています!

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

日中はまだまだ暑いですが朝晩はだいぶ涼しくなって秋の気配が感じられるようになりましたね!
引き続き、熱中症には十分に気をつけながらゴルフを楽しんでいきましょう!
10月にJOYXゴルフ倶楽部 上月コースでディスカバリーキャンプを開催します。

ディスカバリーキャンプ at JOYXゴルフ倶楽部 上月コース(兵庫) 中村 敏之

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ上級者 〜バンカーショットはこんな風に考えよう〜 2,536ビュー
  2. スコアアップの考え方<ショートゲーム編> 416ビュー
  3. アプローチのピッチとランの比率 169ビュー
  4. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 152ビュー
  5. 競技用スコアカードの書き方 142ビュー
  6. スコアアップのヒント!「チップインを狙うアプローチ」 138ビュー
  7. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 136ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 118ビュー
  9. ゴルフコースへ行こう!~チェックインからスタートまで編~ 113ビュー
  10. キャディバッグの担ぎ方 106ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る