打ち出し角度をつけて飛距離を伸ばす方法

2017年11月17日 |

みなさんこんにちは^^
先日、山間部にあるゴルフ場に行って来ました。ちょうど紅葉が綺麗に染まっている中でプレーできました。
地域にもよりますが、今の時期はスタートは8時以降がベストだと思います。
7時台は極端に気温が低いので、気温が上昇する8時にスタートすると気温に応じてプレーも上向きになっていくでしょう。

今日はドライバーについてのアドバイスをお届けします。
ついついまっすぐ飛ばすことに意識がいってしまいがちになりますが、
方向性を気にしすぎて上手にクラブを振り切れないと余計にボールは曲がってしまいます。

長いクラブほどしっかりと距離を出す意識をもって振る方が結果は良いことが多いです。
そのためにドライバーでキャリーを伸ばして飛距離を出す方法をお伝えしますね。

方法は簡単です。
通常のアドレス時の背骨の角度がありますね。
これをいつもより倒してみましょう。
右肩が落ちて、左肩が上がる形になりますね。
お分かりの通りこれで打ち出し角度をつけてあげます。
もちろん少しダフリやすくなりので体重の配分を考えたり、あとは極端にやり過ぎないようにしてください。スイングはいつものように振ってみましょう。

これからの季節、ボールをしっかり飛ばすことが難しくなります。
気候や季節が変わればちょっとの工夫が必要です。
少しの意識がみなさんの良いショットに繋がると思います。
打ち出し角度をつけて飛ばす理由ディレクターが以前に解説してくれました。

詳しくはレッスンでも解説しますのでぜひ遊びにきてくださいね!
動画でもご覧ください。

ありがとうございました^^
keisuke

この記事を書いたのは

寺嶋 慶介

寺嶋 慶介

明けましておめでとうございます。今年も多くの皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。

Twitterで日々考えていることをアウトプットしています
本名でアカウントで公開しています。よければぜひフォローしてください!
https://twitter.com/kexile22w

こんなコーチ研修を行なっています
6月末にサニーカントリークラブで開催したコーチ研修をしましたよ!
過去にもこんな研修をしてます!→GEN-TEN CMS 研修〜Activity〜

良い瞬間は一瞬!?
今ここに意識を集中する。形にこだわらない勇気を持ちましょう。→スイングよりも内観する力

バイメカ視点でクラブ選びについて書いてみました
生体力学といわれるバイオメカニクスを応用するとクラブ選びは意外と簡単かもしれませんよ!→バイオメカニクスからみたクラブ選びについて

徒然なるままインスタグラムに投稿しています
https://www.instagram.com/t.keisuke222/

週間アクセスランキング

  1. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 1,668ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント!〜スライスの仕組みと改善方法〜 1,072ビュー
  3. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 368ビュー
  4. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 350ビュー
  5. バンカーショットでバウンスを上手く使う方法 333ビュー
  6. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 283ビュー
  7. アプローチのピッチとランの比率 185ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 138ビュー
  9. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 136ビュー
  10. ナイスショットを生み出すフォロースルー 135ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る