ゴルフ 飛距離アップするための5つの方法

2020年6月24日 |

こんにちはYukiです^ ^
「若い頃に比べて最近ドライバーが飛ばなくなったな〜」と嘆いている方はいませんか?実は私もそのひとりです…(笑)
スコアアップのためにはドライバーの飛距離よりもショートゲームでのスコアメイクが必要不可欠とわかっていても、ドライバーでのビッグドライブは爽快!同伴プレーヤーの誰よりも飛んだショットは記憶にも残り気持ちいいですよね。特に男性の夢ロマンが飛距離に憧れを持たせてしまうのかもしれません。飛距離にこだわるゴルファーが多いのもうなずけます。10代後半からゴルフを始めた私も年齢と共に飛距離ダウンしてきており、特に40代に突入してからはそれが著しく「筋力が落ちているから仕方ないなぁ。。。でももうちょっと何とかなるはず!」と、どうしたら昔の飛距離をキープ出来るかを日々考えています。
そこで飛距離の要素と私が考える飛距離アップするための方法を簡単に5つご紹介しますね。
ゴルフ 飛距離アップ

何が飛距離を決めるのか?

飛距離を決定するものは、ボールスピード、打ち出し角度、スピン量の3つの要素です。
簡単に言うとボールスピードを上げる、打ち出し角度とスピン量を適度にすることで飛距離アップ出来るのです。
ではその要素を詳しくみていきましょう。
ゴルフ 飛距離アップ
※黄色ラインがボールスピード、赤ラインが打ち出し角度、青ラインがアタックアングルとダイナミックロフト

ボールスピードとは?

ボールスピードとは、ボールがターゲットへ飛んでゆく速さ、初速のことを指します。これはヘッドスピードとスマッシュファクター(ミート率)の2つの要素で決まるのです。この2つが上がるとボールスピードがアップされます。

打ち出し角度とは?

打ち出し角度とはインパクト直後からボールがターゲット向かう高さ、水平面に対してボールが飛び出す角度のこと。インパクトしたときのロフト、ダイナミックロフトと呼んでいてこれによって決まり、クラブ本来のロフトとは異なります。ヘッドスピードにもよりますが、最適な打ち出し角度は14°〜17°とされています。

スピン量とは?

スピン量とはボールがフェイスから離れた瞬間1分間に軸で回る、回転率のこと。インパクトしたときクラブヘッドがボールへ向かう入射角度(アタックアングル)とインパクトロフト(ダイナミックロフト)、この2つの数値の差で決定されます。この差が大きくなればなるほどスピン量が増える。ドライバーでの最適なスピン量は2500回転前後とさています。また打点によっても変化しフェイスの芯を外したときも増加したりします。

飛距離アップするための方法

飛距離アップのためにはボールスピードを上げること、打ち出し角度とスピン量を適度にすることが大事とお話しましたが、そのための方法を詳しくみていきましょう。

ヘッドスピードを上げるー筋力と柔軟性をアップ

ヘッドスピードはプレイヤーが本来持っている身体操作能力に起因するところが大きいですから、これが一番難しいかもしれませんね。しかし諦めることはありません。筋力と柔軟性をアップさせるとスピードを上げることで可能になります!
筋力と柔軟性は簡単なストレッチから、本気でヘッドスピードを上げたい方は筋トレを行いましょう。

特に柔軟性は怪我の予防やゴルフのみならず健康をキープするためにもとっても大切です。ゴルフスイングでは肩甲骨と股関節周りを柔軟にすることで効果的なスイングがしやすくなりスイングスピードがアップします。ぜひ、ラウンドのスタート前や硬い部分を中心にストレッチを週に1〜3回は行ってみてください。
さらにヘッドスピードを上げるためにはベッドに加速感を持たせること。簡単な練習方法はとにかく速く振る。限界まで速くクラブをビュンビュンふる素振りを行い、速く振れることを脳にインプットさせましょう。
ゴルフ 飛距離アップ

スマッシュファクターを上げるースイングの再現性アップ

スマッシュファクター、クラブの芯でボールを捉えること。ミート率とも呼んでいて野球で言う打率を上げることですがとにかく芯に当たる回数を増やすことです。そのために必要なことはスイングの再現性をアップ。ミート率を落としている原因は?ご自分のスイングがいまどうなっているのか?をしっかりと認知して、どのようにスイングを進化させていくと再現性が上がるのか?を検証し練習を続けましょう!
スイングはプレイヤーにより様々ですから、ご自分のスイングがよく解らない方はコーチに相談してみてくださいね。
ゴルフ 飛距離アップ

最適な打ち出し角度とスピン量の見つけ方

インパクトの精度をアップさせる

飛距離に悩むプレイヤーの多くはスピン量が多く打ち出し角度が低い、またはスピン量が多く打ち出し角度が高過ぎる傾向があります。
ゴルフ 飛距離アップ

一般的なドライバーのロフトは10.5°ですから打ち出し角度を適性な15°にするためには4°くらいアッパーブローにインパクトすること。ボールの10センチくらい手前がヘッドの最下点になると良いです。
スピン量を適性にするためにはヘッド軌道が上から入り過ぎずフェイスが寝て(ロフトが大きくなる)入り過ぎないインパクトが出来ると飛距離のロスもなくなります。

自分に合うクラブを使用する

自分のヘッドスピードにあったシャフトのフレックス(硬さ)を選ぶのはもちろん、打ち出し角度とスピン量を最適にするロフト角度やヘッドの特性、またクラブフェイスのどこに当たりやすいのかによってもヘッド選びすることをオススメします。例えばフェイスの上部に当たりやすい方はディープフェイス(厚い)、下の方に当たりやすい方はシャローフェイス(薄い)のものなどです。
ゴルフ 飛距離アップ

セットアップを工夫する

これが一番簡単にできる方法ですね。ティーの高さやボール位置、構え方、スタンスの向きなどをプレイヤーの特性により変えてみると打ち出し角やスピン量を理想に近づけることができます。例えば打ち出し角をアップさせるためにはティーを高く背骨を右に傾けるチルトを深くすると良いでしょう。

いかがでしたか?
5つの方法を簡単にお話しましたがこれを全て実行するのも大変ですね。レベルにもよりますがご自分に出来そうなものから試してみてください。飛距離の3要素の2つ、ボールスピードはもちろんですがスピン量もミート率での影響も大きいですから、クラブフェイスの芯に当てる、芯に当たる感覚を増やすことを優先させていくと良いでしょう。さらに個々に適した具体的な方法はレッスンでお伝えしています。
飛距離アップでみなさんのゴルフが生まれ変わるといいですね。
お読みいただきありがとうございました(^ ^)

この記事を書いたのは

雪田 悦子

雪田 悦子

こんにちは、Yukiです^ ^
夏日も増えてきましたね!
みなさんは、生活環境の変化を強いられてストレスも溜まっていることかもしれません。コロナ対策をしてゴルフコースでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。
一面ぜ〜んぶキレイな緑色の芝に敷き詰められたコースはとっても心地よいですよ。
さらにオンコースで楽しくスキルアップできたらサイコーですね(^^)
大好きな夏に向かってテンションが上がってきた私も、みなさんのゴルフライフをしっかりとサポートします!
ブログを私のHPでも更新していますのでよろしければご覧ください ↓↓↓

yukip-golf.com

暑い夏は涼しいコースでのキャンプもご用意しました。爽快な高原で集中してゴルフに取り組んでみてはいかがでしょうか。
初めての方もどうぞお気軽にご参加下さい。

☆ディスカバリーキャンプのお知らせ☆
6月27(土)-28(日)日
@朝霧カントリークラブ

7月25(土)-26日(日)
@鷲ヶ岳高原ゴルフ倶楽部

8月8(土)-9(日)
@夏泊ゴルフリンクス

週間アクセスランキング

  1. 大矢隆司 取締役及びディレクターを退任のお知らせ 775ビュー
  2. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 555ビュー
  3. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 384ビュー
  4. ゴルフ 初心者が早く上達するために必要な練習とは? 374ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 358ビュー
  6. 上達に欠かせない!前傾姿勢をキープ出来ない原因 341ビュー
  7. 夏のゴルフを快適にするアイテム 295ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 278ビュー
  9. 左肘はスイング中、伸ばすの? 230ビュー
  10. ゴルファーなら一度は訪れたい!夏泊ゴルフリンクス(井上範大) 198ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る