クラブの重心を利用したスイングについて

2018年1月7日 |

年末年始はゴルフに明け暮れていましたkeisukeです。
お客様から「プロのボールはなんであんなに飛んでいくんですか?全然振っているようには見えないんですが…」
そんな声をレッスン中に聞くことがあります。

私の私見ですが、どのプロゴルファーも特殊なショットでない限りは例外なくしっかり振っていきます。

その理由は、グリーンにボールを止めるためにスピン量と高さが必要になるからです。
そのため力を抜いてスイングしたり、ゆっくりスイングすることはほとんどありません。

本題からそれてしまうのでスイングスピードについてはここまでになりますが、
今回私がお伝えしたいのはクラブの重心を利用してスイングについてです。

皆さんは当たり前のようにクラブの芯(重心)で捉えるように打ちますよね?
ですがスイング中にクラブの芯の位置を意識したことはありますか??

ナイスショットを打つためには芯で捉えることが必要でそれを多くの方はわかっているのにスイングする時は芯の位置を無視して打っている方がほとんどです。
典型的な例で言えば、クラブを地面と水平に回すよう(いわゆる極端にフラット)に振ったり、ドローを打ちたい一心で(自分で)インサイドからクラブを入れるように振ってしまうことが挙げられます。

できるだけ効率の良い(少ない力で最大のパワーを伝える)ショットを打つには芯の位置を意識することが大事になります。
私たちコーチから「クラブが下から入っている」や「クラブが落ちてる」と指摘されることはないでしょうか?

その原因はクラブの重心にあります。重心なのでクラブの中で一番重さがある部分と言えます。
写真のように飛球線方向線上の内側にテークバックするとクラブの重心が下がった状態になりますので、
スイング中はクラブフェースが開いた状態になりやすく、かつボールの赤道より下の方に入ります。

なので飛球線方向線上にテークバックすることを心がけましょう。イメージとしてはクラブをまっすぐ引くようになりますね。
ダウンスイングでもクラブをインサイドから入れる意識だと芯の位置が落ちてしまうので、飛球線方向線上もしくはその上から入れるようにしましょう。
アウトサイドからクラブが入るイメージでもOKです。

テークバックを正しく上げるドリルもありますのでこちらも参考にしてください。

ここでクラブの重心を落とさないドリルもご紹介します。
ボールの四方になにか目印になるものを設置します。
今回はわかりやすくボールを置いています。(みなさんはティーなどの軽いものを置いてくださいね)

クラブがインサイドから入ると右手前のボールを打ってしまいますね。
逆にアウトサイドからくると左手前のボールに当たってしまいます。

四方に目印を置くことでフェース面を意識できますし、芯の位置が落ちてしまえば目印に当たってしまいます。
普段インサイドからクラブを入れようとしている方はアウトサイドからクラブが入ってくるようなイメージになると思います。

私たちプロゴルファーがゆっくり振っているように見えてしっかりボールが飛んでいるからくりはクラブの重さ=クラブの重心を利用して打っていることも一つの要因です。
番手通りの距離がでない、スライスがでる、ダフってしまうという方には特に意識してやってみてくださいね^^
動画でも紹介していますのでご覧ください。

ありがとうございました!
keisuke

この記事を書いたのは

寺嶋 慶介

寺嶋 慶介

Twitterで日々考えていることをアウトプットしています
本名でアカウントで公開しています。よければぜひフォローしてください!
https://twitter.com/kexile22w

こんなコーチ研修を行なっています
6月末にサニーカントリークラブで開催したコーチ研修をしましたよ!
過去にもこんな研修をしてます!→GEN-TEN CMS 研修〜Activity〜

良い瞬間は一瞬!?
今ここに意識を集中する。形にこだわらない勇気を持ちましょう。→スイングよりも内観する力

バイメカ視点でクラブ選びについて書いてみました
生体力学といわれるバイオメカニクスを応用するとクラブ選びは意外と簡単かもしれませんよ!→バイオメカニクスからみたクラブ選びについて

説明会&体験レッスンを担当しています。
新年度より説明会&体験レッスンの担当をすることになりました。これからゴルフを始める方やお友達、ご家族の方ともぜひ説明会&体験レッスンにいらしてください。
説明会&体験レッスンの様子

徒然なるままインスタグラムに投稿しています
https://www.instagram.com/t.keisuke222/

週間アクセスランキング

  1. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 194ビュー
  2. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 178ビュー
  3. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 154ビュー
  4. アプローチのピッチとランの比率 149ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 147ビュー
  6. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 119ビュー
  7. 正しい腰の回し方 109ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 105ビュー
  9. AwとSwの使い分け 104ビュー
  10. ゲンテンレッスン at 高坂カントリークラブ (源河卓朗) 94ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る