スイングとクラブを見直す vol.1「スイングタイプ編」

2015年6月11日 |

こんにちは norihiroです (^^)

突然ですが…笑
7/12ヌーヴェルGCにて「スイングとクラブを見直すヒント!」を開催します。
それに伴い、さまざま角度から見直すためのヒントをシリーズでご紹介していきます(^^)
20150529_blog_norihiro_01

シリーズ最初のWebレッスンは「スイングタイプ」についてです。
プロのスイングを見ていてもさまざまなスイングや個性的なスイングなど多く存在するように見えますが、実は大きく分けて2つのスイングタイプに分けられます。

1.フラットスイング
フラットスイングとは…
下の2枚目の写真をご覧頂くと分かるようにトップオブスイングで、両肩を結ぶラインと左腕がほぼ一直線で重なっている状態のスイングをいいます。
プロでは世界ランク上位の選手に多いスイングがこのフラットスイングです。
特徴としてはショットの再現性が高く、ショット精度にバラつきが少ないスイングタイプです。
20150529_blog_norihiro_02
またショートゲームとの動きの繋がりが濃く、スイング全体として一貫性の強いスイングでもあります。
20150529_blog_norihiro_03
アドレス姿勢も低く構えることから、やや柔軟性が必要なスイングになります。
ちなみに僕はこちらのスイングタイプです(笑)
20150529_blog_norihiro_04

2.アップライトスイング
アップライトスイングとは…
下の2枚目の写真のようにフラットスイングとは対称的にトップオブスイングで、両肩を結ぶラインよりも左腕が高い位置にくる状態のスイングをいいます。
プロでは昔はこちらのスイングタイプのプレーヤーが多く見られました。
特徴としては体重移動や遠心力を大きく使えることからフラットスイングよりも飛距離が出せるスイングでジュニアゴルファーや女性に多く見られるスイングタイプです。
20150529_blog_norihiro_05
またスイングにおいてタイミングを必要とするスイングでもあります。
20150529_blog_norihiro_06
アドレス姿勢は比較的高めに構えることから柔軟性はあまり必要としません。
20150529_blog_norihiro_07

どちらのスイングタイプも名プレーヤーを生み出してきたスイングです(^^)

みなさんもご自身が今どちらのスイングタイプなのか??
またはどちらがご自身にマッチしていそうか試してみてください。
20150529_blog_norihiro_08
スイングタイプ診断はレッスンでもさせていただきますので、気軽にご相談ください。

次回のスイングを見直す vol.2もお楽しみに!!!

ご予約はこちらから

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

こんにちは norihiroです(^^)
皆さん今年のチャレンジは何でしょうか?

私ごとではありますが、昨年の11月にアルバトロスを達成することが出来ました。
私もゴルファーとして、ここ2-3年間取り組んでいたことが最高の形となりました。

2024年はレッスンを通じて、取り組みから気付いたことや感じたことを皆さんに存分にお伝えしていきたいと思います。

また春からはアカデミア(3か月間プログラム)を開催する予定です。

皆さんもご自身の可能性に「ちゃれんじ」していってくださいね!

〜オススメ〜
■YouTubeチャンネル
個人のYouTubeチャンネルを開設しました!
今後もUPしていきますので、よろしければチャンネル登録をお願いします(^^)

◼︎SNS
個人のホームページではブログを更新していきますので、よろしければご覧ください(^^)
Yahoo!クリエイターズプログラムページ
「Norihiro Golf チャンネル」
https://creators.yahoo.co.jp/norihirogolfchannel

Facebookページ

Instagram

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 268ビュー
  2. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 258ビュー
  3. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 247ビュー
  4. 2023年新ルール知ってますか? 193ビュー
  5. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 174ビュー
  6. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 169ビュー
  7. キャディバックの持ち方 167ビュー
  8. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 153ビュー
  9. シャフトクロスになる原因は右肘! 151ビュー
  10. キャスティング防止でインパクトを安定させよう! 122ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る