バンカーのルール ~目玉のボールを確認する方法~

2015年6月5日 |

皆さんこんにちは!kentaroです(^-^)
今回はバンカーのルールについてご説明していきたいと思います!

柔らかい砂質でありがちなこちらの「目玉」と言われる、ボールが埋まってしまった状況です。
20150604_blog_kentaro_01

20150604_blog_kentaro_02

この状況では、ボールの銘柄も自分でつけた印なども見えていません。
このまま打ってしまってもし違うボールだったら・・・

こんな状況困りますよね。
20150604_blog_kentaro_04

この場合は、規則12-1よりボールの一部が見える程度に、砂を取り除くことができます。
20150604_blog_kentaro_05

20150604_blog_kentaro_06

砂を掘り起こした結果、自分のボールであるという事が確認できました。
20150604_blog_kentaro_08

ボールを確認した後は、砂を出来るだけ元の状態に戻さなければいけません。
砂を戻している過程で、ボールが動いても罰はなく、リプレースをすればOKです!

20150604_blog_kentaro_07

また、2008年のルール改正から、ボール確認のためにボールを拾い上げることができるようになりました。
この際には、ボールのあるところにマークをすることや、マーカーに正しくリプレースできているか確認してもらうことが必要条件となります。

埋まってしまったボールを確認せずに打ってしまって誤球などの無駄なペナルティを払わないよう、ルールは有効に使っていきましょう(^-^)

ご予約はこちらから

オススメのレッスン

週間アクセスランキング

  1. シャフトクロスになる原因は右肘! 294ビュー
  2. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 289ビュー
  3. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 253ビュー
  4. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 240ビュー
  5. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 179ビュー
  6. ゴルフ ドライバーを飛距離アップさせるための6つの方法 164ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 151ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 137ビュー
  9. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 128ビュー
  10. 前傾姿勢を保つには左肩がポイント! 121ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る