「立つ」を極める!Vol.3

2016年4月30日 |

こんにちは、toshiyukiです!
このシリーズも今回で3回目となりましたが「立つ」ということは奥が深いですね!
過去の記事:「立つ」を極める!Vol.1「立つ」を極める!Vol.2

今回は重心についてお話します。
クラブやボールにも重心がありますが人にも当然、重心があり骨格や体型によって人それぞれ重心の位置が違います。
クラブやボールは自ら重心の位置を変えることは出来ませんが、人は姿勢や意識によって重心の位置を変えることが出来ます。
普段、歩いたり座ったりするときも無意識に重心を移動しています。
ゴルフにおいても重心移動はスムーズにスイングする為にはとても重要で不可欠な動きです。
スイング中の重心移動についてはまた別の機会にお話するとして「立つ」について話を戻します。(^^;;

皆さんは、立っている時に自分の重心がどこにあるかを意識したことがありますか?
ジムやウォーキングのレッスンなど受けたことのある人は意識したことがあるかもしれませんが、普段の生活の中で意識することはまず無いと思います。
しかし、アドレスした時の重心の位置がショットの成否に大きく影響します!

まずは下のアドレスをご覧ください。
私の重心はどの辺りにあると思いますか?
20160430_blog_toshiyuki1
では、このアドレスはいかがでしょう?
20160430_blog_toshiyuki2
重心には形があるわけではありませんが二つを比べてみるとなんとなく違いが見えてくると思います。
私の感覚としては1枚目のアドレスはおへそ当たりに重心を感じています。
20160430_blog_toshiyuki3
2枚目は肩や首当たりに重心がある感じです。
20160430_blog_toshiyuki4
どちらのアドレスの方がナイスショットしそうですか?
明らかに1枚目のアドレスですよね!
1枚目と2枚目とは前傾角度やスタンスなど体のポジションは全く変えていません

ではなぜこんなにも重心の位置が違って見えるのでしょう?
お分かりの方もいると思いますが2枚目のアドレスは腕や肩、首など上半身にかなり力が入っています。
そうすると重心の位置は高くなり、この状態でスイングすると前傾が起き上がったりバランスが崩れてとてもミートできそうにありません。
結果、当てることに精一杯でとてもスイングどころではなくなってしまいます。
姿勢によっても重心の位置は変わるので良い姿勢を保つことがナイスショットに繋がります!

話が長くなってしまいましたが自分の重心がどこにあるのか一度意識して感じてみてください!
意識してみたけど分からない方やアドレスに悩みのある方は5/4(みどりの日)に「立つ」をテーマにしたヒントレッスンを開催しますのでぜひご参加下さい!
今までの悩みが一気に消えて無くなるかもしれませんよ!
「立つ」を極めてレベルアップ!

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

日本人初のマスターズチャンピオンが生まれました!
感動しましたねー!(≧∇≦)
また来年のマスターズでどんなプレーを見せてくれるのかとても楽しみです!(^^)
マスターズを見るとゴルフがしたくなりますね!
皆さんもマスター達の良いイメージを持ってゴルフを楽しんで下さい!(*^^*)

週間アクセスランキング

  1. アプローチ3つのアドレスで距離を打ち分ける! 432ビュー
  2. 芝生について語りたい!後編 420ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 329ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 322ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 288ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 239ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 210ビュー
  8. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 196ビュー
  9. 競技用スコアカードの書き方 182ビュー
  10. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 172ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る