パッティングもポスチャーが大切!

2017年6月9日 |

こんにちは norihiroです(^^)
皆さんゴルフを楽しまれていますか??
私はGWで一段と黒くなってしまいました(笑)

さて今回のWebレッスンはパッティングにおける「ポスチャー(アドレス姿勢)」についてです。

よく「形なし」と言われるパッティングですが、安定したパッティングを再現するためには、ショット同様にアドレス姿勢も大切です。

パッティングに不安や苦手意識がある方の多くは、下の写真のようにアドレス時に背骨を大きく曲げて構えているケースが多いです。

このアドレスは姿勢が悪いだけではなく、体とクラブの一体感をも損ねてしまうアドレスです。
その原因として、このように体から腕の間に大きなスペースが出来てしまいます。つまり脇があいた状態です。

この状態では、背中や肩などの体の大きな部位を意識してストロークすることが困難になります。
また猫背のアドレスはボールを打ちにいってしまう要因にもなり、距離感の誤差にも影響していきます。

そこでチェックとして…以下の3つがポイントです(^^)
1、背筋が曲がっていないか

2、脇があいていたり、体から肘が離れすぎていないか
脇が締まり、体に腕がくっついている状態ならGoodです(^^)

3、アドレス時に両脇腹に張りを感じられるか
パッティングも骨盤の前傾により腰周りに張りを感じられたらOKです(^^)

ぜひ鏡などを使って、ポスチャーをチェックしてみてください。
グリーン上も美しく格好いいゴルファーになりましょう!!

6月18日 東千葉CCにて「パッティング&アプローチで寄せワンを取るヒント!」を開催します。

皆さんのご参加をお待ちしております(^^)

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

こんにちは norihiroです(^^)
「健康」と「楽しさ」を大切にしていきましょう!

〜オススメ〜
■ゴルフコンサルティングサービスを開始!
スイング解析・ロードマップ・ゴルフフィットネスをマンツーマンでご相談を承ります!
ぜひご利用ください(^^)

ゴルフコンサルティングサービスをスタートします

■YouTubeチャンネル
個人のYouTubeチャンネルを開設しました!
今後もUPしていきますので、よろしければチャンネル登録をお願いします(^^)

◼︎SNS
個人のホームページではブログを更新していきますので、よろしければご覧ください(^^)
個人HP「GOLF COACH NORIHIRO INOUE

Facebookページ

Instagram

アメブロ「ゴルフコーチNorihiroのブログ
過去のブログをご覧になりたい方はこちらからご覧ください!

週間アクセスランキング

  1. アプローチ3つのアドレスで距離を打ち分ける! 432ビュー
  2. 芝生について語りたい!後編 420ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 335ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 322ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 289ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 240ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 210ビュー
  8. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 198ビュー
  9. 競技用スコアカードの書き方 182ビュー
  10. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 172ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る