ショートパットに強くなる!Vol.1(アドレス編)

2018年2月24日 |

こんにちは、toshiyukiです!
最近、ショートパットに悩んでいるという相談をよく受けます。
そこでショートパットに強くなるためのヒントを、何回かに渡ってご紹介していこうと思います。

ショートパットのカップイン率を上げるためには方向性がとても重要になってきますが、今回はアドレスからチェックしていきたいと思います!
アドレスといってもポスチャー、ボールポジション、アライメントなどいろいろチェックポイントがありますので、ひとつずつチェックしていきましょう。

最初はポスチャー(姿勢)です。
毎回、安定してスムーズにストロークするためには姿勢良く、そしてリラックスして構えることが大切です!
よく下半身を安定させようとして深く膝を曲げ、お尻を落として構える方を見かけます。そうすると上半身は猫背になって可動範囲が狭まり、スムーズにストロークするのが難しくなります。また無理に動かそうとすると力んでしまいます。

膝は軽く曲がる程度でいいので、お尻を高く保ち股関節から前傾するように構えましょう!すると上半身の力が抜けて、スムーズにストロークしやすくなります。

次にボールの位置ですが、目安としては左目の真下(レフティの方は右目の下)を基準にして微調整して下さい。

まず目の真下に置く理由としては、ターゲットラインに対して真っ直ぐ構えやすいからです。極端にボールと近すぎたり遠すぎたりすると、ターゲットと体の向きがズレやすくなります。


またなぜ真ん中か右目の下ではないかというと、ボールをターゲット後方から見た方がボールの転がりをイメージしやすいからです。

また、インパクト時に適正なロフト(4度)でアッパーブローにヒットしやすくなり、転がりが良くなります。

最後にアライメントですが、パットの軌道は肩のラインに影響します。
なのでスタンスはオープンでもクローズでも構いませんが、肩のラインをターゲットラインと平行になるように構えましょう!

では次回はパターと体の動きについてお話します!
楽しみにしていて下さいね!^_−☆

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

日本人初のマスターズチャンピオンが生まれました!
感動しましたねー!(≧∇≦)
また来年のマスターズでどんなプレーを見せてくれるのかとても楽しみです!(^^)
マスターズを見るとゴルフがしたくなりますね!
皆さんもマスター達の良いイメージを持ってゴルフを楽しんで下さい!(*^^*)

週間アクセスランキング

  1. バンカーから脱出する為の3つのコツ! 491ビュー
  2. 芝生について語りたい!後編 430ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 341ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 287ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 261ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 229ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 193ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 168ビュー
  9. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 155ビュー
  10. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 155ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る