ゲンテンメンバーズカップ対策!東京バーディクラブ攻略法

2016年11月18日 |

こんにちは、toshiyukiです!
寒さが身に染みる季節となってまいりましたが皆さんゴルフを楽しんでますか?
今回は12月に東京バーディクラブで開催されるゲンテンメンバーズカップに向けて、このコースの特徴をご紹介しながら攻略法を説明していきたいと思います。
20161118_blog_toshiyuki1
東京バーディクラブは18ホールの丘陵コースで、Par3以外は池越えのホールがなくゆったりプレーできるコースです。
20161118_blog_toshiyuki2
ただ緩やかではありますがアップダウンのあるホールが多く、Par4やPar5ではティショットは打ち下ろしセカンドorサードショットから打ち上げ、Par3は4番ホールだけ少し打ち上げで残りはすべて打ち下ろしになっています。

打ち下ろし
20161118_blog_toshiyuki3
打ち上げ
20161118_blog_toshiyuki4
Par3(17番ホール)
20161118_blog_toshiyuki5
アップダウンのあるホールでは距離感が合わせづらいので、ヤード表示やキャディさんのアドバイスと自分の目測を考慮しながら、当日一番距離が合う情報を選択してください。

また各ホール、木でセパレートされていて大体左右どちらかがOBになっています。
OB杭が比較的浅めに打ってあり、OBと反対方向は斜面で受けていることが多いので、特に打ち下ろしのティショットは徹底してOBを避けて打っていくことをお勧めします。
20161118_blog_toshiyuki6
次にすべてのホールがベントの2グリーンになっています。
藤グリーンと梅グリーンがあり藤グリーンの方が少し距離が長いです。
20161118_blog_toshiyuki7
当日はどちらのグリーンになるか分かりませんが、ホール毎にグリーンの位置が左右入れ替わるのでヤード表示を間違えないようにしてくださいね!(※因みにヤード表示はグリーンセンターまでの距離です)
20161118_blog_toshiyuki8
2グリーンの場合、一つのグリーンはあまり大きくないので、無理に端にあるピンを狙わずにグリーンのセンター狙いでいきましょう!
20161118_blog_toshiyuki9
アンジュレーションは然程大きくありませんが、ピンポジションによっては傾斜の強い所があるので特に下りのパットには要注意です!
コースには広くて綺麗な練習場や芝から打てるアプローチエリアもあるので、スタート前にしっかり体を温めてケガなく18ホールプレーできるように準備しておきましょう!
20161118_blog_toshiyuki10

20161118_blog_toshiyuki11
それではGMCに参加される方の健闘をお祈りしています!^_−☆
20161118_blog_toshiyuki12

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

先日、関西に異動しました。
関東での5年間はあっという間でしたがとても充実した時間でした!
関東で経験したこと、学んだことをこれからのレッスンに活かしながら関西の皆様にゴルフの楽しさをお伝えしていきたいと思います!
これからも宜しくお願い致します。

☆キャンプのご案内
7/20(土)〜21(日)
ディスカバリーキャンプ at JOYXゴルフ倶楽部 上月コース

8/11(日)〜12(月)
ディスカバリーキャンプ at 紀伊高原ゴルフクラブ

8/13(火)〜15(木)
強化合宿 at サニーカントリークラブ

週間アクセスランキング

  1. フォールラインを見つけてパッティングスキルアップ! 1,710ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント「フェアウェイウッドだけが苦手な方へ」 564ビュー
  3. ゴルフ上達の練習法!「結果を決めるビジネスゾーンチェック」 550ビュー
  4. バイオメカニクスからみたクラブ選びについて 408ビュー
  5. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 244ビュー
  6. アプローチのピッチとランの比率 199ビュー
  7. 正しい腰の回し方 187ビュー
  8. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 168ビュー
  9. 競技用スコアカードの書き方 168ビュー
  10. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 157ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る