アプローチの再現性UPドリル!

2017年2月13日

今回のwebレッスンは、アプローチの練習ドリルをご紹介します。
アプローチなど小さなストロークをする際の一番のミスの原因は、手先だけでストロークをすることです。

小さなストロークでも身体の回転を利用してストロークをすることで、クラブの動きの再現性を高めて、ミスヒットの少ないアプローチを目指したいですね。

そこで、ご自身のアプローチスタイルがどの程度身体を使っているかをチェックするドリルが、今回ご紹介するクロスハンドで行うアプローチ練習です。

クロスハンドでグリップすることで、手首の動きは制限されて
身体を回してテイクバックがし易くなります。

テイクバックで身体を回してクラブを上げて

ダウンスイングからフォロースルーでも身体を回してクラブを操作します。

身体の回転を使うことで、手先の動作は少なくなり、そのことでスイングの再現性は高くなります。
アプローチでミスが出易い方は是非このドリルでチェックしてみてください(^^)

週間アクセスランキング

  1. グリップの最下点を意識して安定したインパクトゾーンを手に入れる! 596ビュー
  2. ホールインワンへの道 366ビュー
  3. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 341ビュー
  4. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 265ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 225ビュー
  6. 正しい腰の回し方 220ビュー
  7. アプローチのピッチとランの比率 201ビュー
  8. AwとSwの使い分け 200ビュー
  9. ゴルフ上達のヒント!アドレスの重心位置は大丈夫ですか?! 161ビュー
  10. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 150ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る