ラフとフェアウェイの境目からのアプローチ

2017年10月23日 |

こんにちは!京都府綾部市生まれの牧野佑司です。

今回のwebレッスンではラフとフェアウェイの境目からのアプローチショットについてお話をさせていただきます。
ラフとフェアウェイの境目ですが、今回は目標方向の手前にラフがあってボールはフェアウェイにある状況についてお話しさせていただきます。

こういった場面ではどうすればいいでしょうか。こちらの画像をご覧ください。

ポイントになるのはボールの高さです。ボールの手前のラフが高くなってしまうためにボールの下に届きにくくなります。結果としてボールの上をたたいてトップしてしまう場合が多くなります。
イメージしていただくのはフェアウェイからボールを打つときのイメージです。

ボールの下までクラブを届かせて打つことが大切です。イメージとしてはラフの中にボールが沈んだ時と同じようにクラブを深く入れなくてはいけません。

あくまでボールのライの状況はボールにクラブが当たるまでの状況が重要になっていきます。芝生に負けないように思い切ってクラブを深く入れてください。
なかなかラウンド中に試すのは勇気が必要です。ゲンテンレッスンではラウンドでいろいろな状況に備えて練習していただけます。
ぜひ皆さんのご参加お待ちしております。

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

最高のシーズンになりました。皆様はゴルフを楽しんでおられますでしょうか?
レッスンも最高のシーズンになって楽しいです。
僕の担当します関西地区では新人の松村コーチや中村コーチも加わってパワーアップします。
僕は今までよりも攻めた内容のヒントレッスンなども開催を予定しております。ビギナーの方へ向けたレッスンから上級者の皆さまのヒントレッスンまで充実したレッスンをご用意しております!どうかご期待ください!!
最高のシーズンに皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。

Twitterアカウント

週間アクセスランキング

  1. 左足下がりからスコアメイク! 926ビュー
  2. ゴルフ上達練習法!「パッティングの距離感」 662ビュー
  3. コーチはどのようにしてゴルフが上手くなったのですか? 326ビュー
  4. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 283ビュー
  5. アプローチのピッチとランの比率 225ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 205ビュー
  7. 正しい腰の回し方 192ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 187ビュー
  9. AwとSwの使い分け 174ビュー
  10. 股関節周りのストレッチ Vol.2 137ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る