アプローチはインパクトの形を意識

2017年8月9日 |

こんにちは!動画の編集を覚えかけている牧野佑司です。

今回はアプローチショットでのお話をさせていただきます。
アプローチショットの目的はピンに寄せることです。
ピンに寄せるためには距離に対して、適切なクラブで適切なスピードで、クラブの芯でボールを捉えることでピンに寄せることができるといえます。ピンに寄せるための適切なスピードは経験値や場数が必要となっていくので、ひとまず今回は距離感についてはおいておきます。

今回はアプローチショットでクラブの芯でボールを捉えるためにどうすればいいかの説明をさせていただきます。
まず前提として、アドレス時に打ち出したい方向に対してまっすぐ構えることや、ロフト角度などがぴったりに来ているという前提とします。
構えられたところからバックスイングを上げ、ボールにクラブが当たる時に同じ形に戻していただくということです。


簡単に言うと構えた位置にクラブを戻すと言うことになります。
そんなの当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、非常に基本的で重要なポイントになります。
画像をご覧ください。


アドレスのときとは違う位置でインパクトしてしまうと画像のような形になります。手首を使いすぎたりクラブが遅れてきたり。ここまで極端でないにしてもミスの原因ですね。
あくまでも基本はクラブを構えた位置に戻すということを意識してみてください。戻し方は人それぞれ課題があると思います。

ゲンテンはお一人お一人に合ったポイントでレッスンをさせていただきます。何をされるにしても、アドレス時構えた位置にクラブを戻すためには?ということを頭に入れながら練習されるのをオススメします。ぜひお試しください。

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

こんにちは!
ゴルフを楽しんでおられますでしょうか?
ゴルフってうまくいかないと苦しい時がありますよね。そんな苦しい時間を少しでも短くなるように。そしてゴルフが楽しい時間が増えるようなレッスンを心がけております。
もちろん土台からスイングを作ったりすることも大切と思います。
1番大切なのは皆さんそれぞれ決められた目標、希望されたものを実現できるように導くことであると考えてます。
コースレッスンの強みを活かしたコースでしかできない傾斜地やアプローチ、バンカー、パターなどだけでも皆さんの力になるようなレッスンをしています。
すべてはゴルフを好きになってもらえるように。ゴルフを楽しんでもらえるように。
皆様のレッスンのご参加心よりお待ちしております。

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 331ビュー
  2. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 311ビュー
  3. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 248ビュー
  4. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 206ビュー
  5. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 176ビュー
  6. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 165ビュー
  7. キャディバックの持ち方 147ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 131ビュー
  9. 2023年新ルール知ってますか? 128ビュー
  10. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 122ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る