アプローチはインパクトの形を意識

2017年8月9日 |

こんにちは!動画の編集を覚えかけている牧野佑司です。

今回はアプローチショットでのお話をさせていただきます。
アプローチショットの目的はピンに寄せることです。
ピンに寄せるためには距離に対して、適切なクラブで適切なスピードで、クラブの芯でボールを捉えることでピンに寄せることができるといえます。ピンに寄せるための適切なスピードは経験値や場数が必要となっていくので、ひとまず今回は距離感についてはおいておきます。

今回はアプローチショットでクラブの芯でボールを捉えるためにどうすればいいかの説明をさせていただきます。
まず前提として、アドレス時に打ち出したい方向に対してまっすぐ構えることや、ロフト角度などがぴったりに来ているという前提とします。
構えられたところからバックスイングを上げ、ボールにクラブが当たる時に同じ形に戻していただくということです。


簡単に言うと構えた位置にクラブを戻すと言うことになります。
そんなの当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、非常に基本的で重要なポイントになります。
画像をご覧ください。


アドレスのときとは違う位置でインパクトしてしまうと画像のような形になります。手首を使いすぎたりクラブが遅れてきたり。ここまで極端でないにしてもミスの原因ですね。
あくまでも基本はクラブを構えた位置に戻すということを意識してみてください。戻し方は人それぞれ課題があると思います。

ゲンテンはお一人お一人に合ったポイントでレッスンをさせていただきます。何をされるにしても、アドレス時構えた位置にクラブを戻すためには?ということを頭に入れながら練習されるのをオススメします。ぜひお試しください。

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

こんにちは

牧野佑司です

2020年も1ヶ月が過ぎました
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私はというとゴルフにおいて、レッスンにおいて新たな発見の日々を過ごしております。

今まで足りてなかったものはなんだったのか?が発見できた気がする。そんな手応えを掴んできた今日この頃です(発見したことはごくごく基本的な事です)

2020年は1ヶ月過ぎましたが僕の新年は今月からスタートします!(意味不明)

新たな発見を上手に皆様にお伝えすべく色々なヒントレッスンやドリル方法を考えて、そしてレッスンでみなさまに実感していただきたいと思ってます。

また関西に新たなコーチも加わりますが僕自身も新しくなりました。
割引キャンペーンはありませんがぜひまた新しいコーチのつもりでご参加いただければうれしいです

今年もよろしくお願いいたします

https://ameblo.jp/gen-ten-yuji/

Twitter
https://twitter.com/yuji061jr

facebook
https://www.facebook.com/yuji.makino.10

Instagram
Yuji61jr

YouTubeチャンネル開設しました
Yuji Makino’s GOLF CHANNEL

週間アクセスランキング

  1. ゴルフアプローチ〜グリーン周りからのマネジメント基本編〜 539ビュー
  2. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 330ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 280ビュー
  4. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 256ビュー
  5. アプローチのピッチとランの比率 179ビュー
  6. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 173ビュー
  7. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 147ビュー
  8. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 126ビュー
  9. タイ ゴルフ〜強化合宿 at スプリングフィールド・ロイヤル・カントリークラブ〜 113ビュー
  10. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 102ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る