左足下がりのアプローチのアドレスの注意点

2018年1月16日 |

こんにちは!カズヤです^ ^
今回は左足下がりのアプローチのアドレスの注意点をお伝えしていきます。

左足下がりのアプローチで特に気をつけたいことは、トップしてグリーンオーバーになってしまうことだと思います。
意外とアドレスをとるのも難しい左足下がりの傾斜では、主に体重の乗せる位置について気をつけていきますが、ポイントさえ押さえてしまえば大丈夫です^ ^
それではポイントをお話ししていきます。

通常のアドレスをとろうと思うと、重力に対して垂直に立ちたくなると思います。

そこで左足にしっかり体重を乗せるために、右膝の角度をあまりつけないようにしていきましょう^ ^

そうすることで左足に体重が乗りやすくなり、傾斜に対して垂直にアドレスしやすくなります

あとは傾斜なりに低くフォローを出すイメージでスイングしていきましょう!

【ポイント】
右膝を出来るだけ曲げないように
フォローは低く
ボール位置を通常よりやや右に置く

以上のことに気をつけてトライしてみてくださいね^ ^

この記事を書いたのは

小西 一矢

小西 一矢

みなさんこんにちは!カズヤです。
これからゴルフを始められる方や今年こそは!と目標高く課題に取り組んでる方、様々な思いでゴルフに取り組まれている皆さんにリラックスやゲンテン、ハーフラウンドなどレベルや目的に応じたメニューで上達のサポートが出来るようにお待ちしております^ ^
また、新しく僕のブログを始めました^ ^
こちらでもレッスンの様子やゴルフの情報等を配信していきますので是非チェックしてみてくださいね(^-^)/
http://kottan.club/

週間アクセスランキング

  1. バンカーから脱出する為の3つのコツ! 491ビュー
  2. 芝生について語りたい!後編 430ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 342ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 287ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 263ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 229ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 194ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 168ビュー
  9. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 156ビュー
  10. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 155ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る