タイキャンプ at Laem Chabang International C.C.(佐々木 康生&坂井 槙之介)

2017年3月3日 |

先週のパタナとパインハーストに続き、今シーズン最後のタイでのキャンプを開催してきました。
開催は初となるLaem Chabang International C.C.です。
ジャック・ニクラウスのシグネチャーコースでタイでもトップクラスのデザインとコンディションを誇る名門コースです。
到着後は練習場にいって、深夜便のフライトでなまった体をほぐしました。
そして昼食後に午後のスループレーで18ホールを回ります。
この日は薄曇りの快適な気候でした(^^)
夕食はクラブハウスのレストラン。コースビューのテラスはリゾート気分に浸れます。
翌日はたっぷりと練習するために、朝7時にスタート。
天気も快晴で、朝日に照らされた素晴らしいコースの景色を見ることができました(^^)
18ホールのプレーを正午前に終えて、昼食をとって練習。
この時間にお部屋でタイ式マッサージを楽しんでいる方もいました(^^)

夕食は海沿いのシーフードレストランへ。
ホテルにもどってからもカクテルタイムが続きました(^^;

最終日も朝から快適にプレー。
17時に空港行きのバスに乗って、あっとう間に夢のような3日間が終わりました。

これで今シーズン予定していた5回のGEN-TENタイキャンプが終了です。
私も1,2月で20日程度をタイで過ごし、真っ黒に日焼けしました(^^;

また来年もみなさんとタイで素晴らしいゴルフ体験ができることを願っております。
コップンカープ!

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

大矢 隆司

大矢 隆司

1980年7月15日生まれ
15歳で単身オーストラアへゴルフ留学Hills Golf Academyで3年間ゴルフを学ぶ。
その後大学在学中にティーチングライセンスを取得しゴルフコーチとして仕事を始める。MBA(経営学修士)のキャリアも持つ異色のゴルフコーチ。
2005年にGEN-TENの設立。現在はディレクターとしてレッスンプログラム開発と組織運営を担当。趣味はゴルフ旅行(スコットランドトリップアメリカトリップ

ゴルフコーチ(USGTF)
メンタルフィットネストレーナー(NESTA)
ゴルフコンディショニングスペシャリスト(NESTA)
ゴルフフィットネストレーナー(JGFO)

Director’s note」を通じて私達が提供するゴルフコースレッスンというサービスについて1人でも多くの方に興味を持っていただけたら嬉しいです。
ゴルフ&ウェルネスツーリズム「The Golf Retreat」も主宰。

週間アクセスランキング

  1. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 207ビュー
  2. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 170ビュー
  3. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 169ビュー
  4. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 166ビュー
  5. 正しい腰の回し方 132ビュー
  6. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 129ビュー
  7. アプローチのピッチとランの比率 128ビュー
  8. 2019/11/28〜12/5週刊GEN-TEN 116ビュー
  9. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 107ビュー
  10. AwとSwの使い分け 96ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る