ゲンテン at 武蔵松山カントリークラブ(源河卓朗)

2019年9月5日 |

みなさん、ゴルフ楽しんでいますか??
先日はtakuroコーチのレッスンにお邪魔してきました。
武蔵松山カントリークラブで開催したゲンテンレッスンの様子をお伝えしていきます。

当日は5名のメンバーさまにお越し頂きました。

10:00


カウンセリングからのスタート
当日はキャンペーン期間中でオリジナルタオルの配布しました。

10:30

ドライビングでの練習
気合いを込めてボールを打たれていました。芯に当たったいい音が響き渡ります。

コーチも指導に熱がはいります。

12:00

昼食休憩を取っていただきます。午後に向けてリラックスです。

13:00

午後からのレッスンがスタートです。まずはアプローチから

13:30

パッティングの練習をしました。普段はあまり習うことの少ないパッティング。こういった機会にコーチからテクニックを盗んでいってもらいます。

14:00

早速、コースでのレッスンがスタートです。まずはチームに別れスクランブルプレーをしました。私も一緒に入れてもらいました。

さあ、どっちのチームが勝つかな!?

14:20

実際のグリーンを使って練習していきます。
あらゆるケースを想定して、コーチが解説していきます。

14:50

フェアウェイからアイアンショットの練習をしていきました。
みなさん、ターフを気持ち良くとっていきます。

15:20

傾斜地からの練習です。ぬかるむ足にいっそう負担がかかります。トレーニングですね。

15:40

50、60、70ヤード刻みに距離感を打ち分ける練習をしていきました。

16:00

仕上げにラウンドをしました。また同じチームに別れてスコアを競い、プレーを楽しみました。

16:15

レッスン終了です。最後にコーチと1日の練習を振り返ります。今日のコースでかなりの数のボールを打ってもらいました。

ゲンテンレッスンではこのように実際のプレーを想定しながら、打球を繰り返していきます。秋のシーズンに向けて競技会もクライマックスを迎えますが、試合前の調整にレッスンを受けてみてはいかかでしょうか?伸び悩んでいる方、結果を出したい方にコミットしたアドバイスと練習を提供させて頂きます。

それではゴルフ場でお会いしましょう^^

ご予約はこちらから

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

寺嶋 慶介

寺嶋 慶介

2021年7月発売週刊ダイヤモンドの取材を受けました

2021年Regina初夏号「ビギナーさんいらっしゃい!」の取材受けました


web版でもご覧になれます

サイクロイド曲線を描くゴルフスイング
サイクロイド曲線に沿ってスイングができると物理的に最高のヘッドスピードが生まれるので飛距離が上がる可能性があります。また距離に関わらず同じタイミングでボールを捉えることができるので自分の打った感覚と距離のばらつき減り、弾道のブレも少なくなります。→記事

YouTubeでレッスン動画を配信しています
レッスン動画をYouTubeに配信しています。

レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう
そのスイング改造はホントに正解ですか?!コーチと相談して納得できるスイングを目指していきましょう。→記事

インスタグラムに投稿しています
シンプルな動きがスイングの綺麗さに繋がっていくと思います。お気軽にフォローください。

週間アクセスランキング

  1. ホールインワンへの道 426ビュー
  2. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 321ビュー
  3. シャフトクロスになる原因は右肘! 320ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 297ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 279ビュー
  6. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 188ビュー
  7. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 175ビュー
  8. ゴルフ ドライバーを飛距離アップさせるための6つの方法 166ビュー
  9. 競技用スコアカードの書き方 152ビュー
  10. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 150ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る