ゴルフ上級者にオススメ!アプローチの距離感を磨く練習法

2019年9月5日 |

こんにちは、toshiyukiです!
夏真っ盛り、ラフもかなり伸びてきてグリーンの手前から転がしてアプローチがしづらい季節になりましたね。
こんな時はウェッジでグリーンにキャリーさせて寄せていくピッチ&ランが有効です。
ただ自分がイメージした場所にボールを落とすには繊細な距離感が必要になってきます。
そこで今回のテーマはこちらです!

『アプローチの距離感を磨く練習法!』

ラウンド中、アプローチが残った時にボールからグリーンエッジまでの距離やグリーンエッジからカップまでの距離はほぼ毎回変わります。
その都度、1ヤード刻みでキャリーさせる距離をコントロールしていかなければいけません。
1ヤードを振り幅でコントロールするのはほぼ不可能ですね。(^^;;
ここは人間の本能的な感覚を駆使していくしかありません!
なので本能を磨く練習法をご紹介します。

◼︎散らばっているボールを狙ってアプローチ

微妙な距離感を磨く練習法として散らばっているボールを狙ってキャリーさせていきます。
歩測などせずに目測で「あのボールに落とそう」という感じで1球ずつ距離を変えて打っていきます。
GEN-TENゴルフコースレッスンアプローチ距離感アドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンアプローチ距離感テークバックの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンアプローチ距離感インパクト直後の写真
GEN-TENゴルフコースレッスンアプローチ距離感フォローの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンアプローチ距離感フィニッシュの写真

◼︎クラブを変えて練習

一本のクラブである程度、距離感が身に付いてきたら今度はクラブを変えてやってみましょう。
落とし所は同じでもボールの高さや強さが変わるので転がる距離が変わります。

◼︎ボールの位置やフェースの開き具合を変えて練習

最後は一本のクラブでボールを置く位置やフェースの開き具合を変えてボールの高さや強さをコントロールします。
練習で掴んだ感覚をしっかり体にインプットしておくことでラウンド時にも様々な状況に応じて距離や球筋を打ち分けることができます。

本能を磨くことでより繊細にボールをコントロールすることができるのでチップインの確率も増えそうですね!
ぜひトライしてみてください!

☆お知らせ☆
アプローチ&バンカーショットのヒントレッスンを開催します!
10月14日(祝月) ベアズパウジャパンカントリークラブ(滋賀)

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

すっかり秋も深まりコースにも紅葉が見られるようになりましたね。
ゴルフを楽しむには最高の季節です!
この良い季節にコースでレベルアップのヒントを見つけましょう!

☆ヒントレッスンのスケジュール
11/10(日)「ハンドファーストを極める!」 at 六甲CC
11/30(土)「インテンショナルショット強化」at 六甲CC

☆キャンプのご案内
12/21(土)〜23(月)強化合宿 at 稲取ゴルフクラブ
2/22(土)〜24(月)強化合宿 at アルパイン・ゴルフリゾート・チェンマイ

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ上達のヒント!〜ハンドファースト体感ドリル〜 574ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント!〜ドローとフェードの簡単な打ち分け方〜 302ビュー
  3. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 284ビュー
  4. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 210ビュー
  5. ゴルフ上達のヒント!〜スイング中の腰の回転をよりスムーズに!〜 199ビュー
  6. アプローチのピッチとランの比率 185ビュー
  7. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 181ビュー
  8. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 175ビュー
  9. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 171ビュー
  10. 正しい腰の回し方 130ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る