ゴルフ上達のヒント!『アプローチの距離感を出す素振り』

2019年10月4日 |

皆さんこんにちは!kentaroです(^-^)
今回は中途半端な距離のアプローチで、距離感のイメージを出しやすい素振りの仕方についてお話ししていきます!

フルスイングでないアプローチで距離感を調整するときに、皆さんはなにを意識していますか?
振り幅の大きさという方が多いと思います。

ではその振り幅ってバックスイング?フォロースルー?スイング全体?
意識していますか?
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチ素振りアドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチ素振りバックスイングの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチ素振りフォローの写真
大半の方がバックスイングと答えます。
ですが、バックスイングの大きさで調整すると、いざボールを打とうとしたときにバックスイングが素振りのイメージより小さくなってしまったり、大きくなったりしたときにどういう動きになるでしょうか?
ダウンスイングを緩めたり、極端に速くなってしまったりして、距離感どころかミートすらまともにできなくなってしまいます。
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチ大きなバックスイングの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチ緩んだインパクトの写真

ですので、素振りでは特にスイングの大きさに意識がいかないように、ターゲットを見ながら「あそこまでならこれくらいかな?」くらいのアバウトな素振りをしてみてください。
数回素振りした後にフィニッシュでどこまで振り切っているかをチェックします。
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチ正しい素振りバックスイングの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチ正しい素振りフォローの写真
そして実際に球を打つときには、バックスイングの大きさではなく、フィニッシュを素振りのところまで振っていこうという意識を持ってみてください。
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチアドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチバックスイングの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチフォローの写真

無駄な動きがなくなりスムーズに動けることでミスが減り距離感がぐっと上がってくると思いますよ(^-^)

★アプローチの距離感についての過去の記事はこちらから

この記事を書いたのは

原田 健太郎

原田 健太郎

朝晩は冷え込みが強くなってきましたが、まだまだ日中は暖かくゴルフ日和が続いていますね!

2019年も残り少なくなってきましたので、本格的に寒くなる前にたくさんコースで練習しておきましょう!

最近は公式YouTubeに動画が上がっていますので、興味のある方は是非是非ご覧ください(^-^)

週間アクセスランキング

  1. グリップの最下点を意識して安定したインパクトゾーンを手に入れる! 649ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント!アドレスの重心位置は大丈夫ですか?! 428ビュー
  3. ホールインワンへの道 366ビュー
  4. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 352ビュー
  5. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 284ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 266ビュー
  7. 正しい腰の回し方 257ビュー
  8. AwとSwの使い分け 216ビュー
  9. アプローチのピッチとランの比率 191ビュー
  10. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 161ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る