ゴルフ上達のヒント!『アプローチの距離感を出す素振り』

2019年10月4日 |

皆さんこんにちは!kentaroです(^-^)
今回は中途半端な距離のアプローチで、距離感のイメージを出しやすい素振りの仕方についてお話ししていきます!

フルスイングでないアプローチで距離感を調整するときに、皆さんはなにを意識していますか?
振り幅の大きさという方が多いと思います。

ではその振り幅ってバックスイング?フォロースルー?スイング全体?
意識していますか?
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチ素振りアドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチ素振りバックスイングの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチ素振りフォローの写真
大半の方がバックスイングと答えます。
ですが、バックスイングの大きさで調整すると、いざボールを打とうとしたときにバックスイングが素振りのイメージより小さくなってしまったり、大きくなったりしたときにどういう動きになるでしょうか?
ダウンスイングを緩めたり、極端に速くなってしまったりして、距離感どころかミートすらまともにできなくなってしまいます。
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチ大きなバックスイングの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチ緩んだインパクトの写真

ですので、素振りでは特にスイングの大きさに意識がいかないように、ターゲットを見ながら「あそこまでならこれくらいかな?」くらいのアバウトな素振りをしてみてください。
数回素振りした後にフィニッシュでどこまで振り切っているかをチェックします。
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチ正しい素振りバックスイングの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチ正しい素振りフォローの写真
そして実際に球を打つときには、バックスイングの大きさではなく、フィニッシュを素振りのところまで振っていこうという意識を持ってみてください。
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチアドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチバックスイングの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン中途半端な距離のアプローチフォローの写真

無駄な動きがなくなりスムーズに動けることでミスが減り距離感がぐっと上がってくると思いますよ(^-^)

★アプローチの距離感についての過去の記事はこちらから

この記事を書いたのは

原田 健太郎

原田 健太郎

暖かい日が増えてゴルフシーズンが楽しみですね!
これからどんどん練習のペースを上げて、パフォーマンスを上げていきましょう!
そんなみなさんにオススメのキャンプのご案内です(^-^)

6/8〜9
ディスカバリーキャンプ@朝霧CC
富士の麓でベースアップ

7/13〜15
強化合宿@トライフィールド
ステディゴルファー育成キャンプ

8/16〜18
強化合宿@マオイゴルフリゾート
北の難コースでショット力強化

もちろん普段のレッスンでもお待ちしています(^-^)

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ上級者 〜バンカーショットはこんな風に考えよう〜 2,580ビュー
  2. スコアアップの考え方<ショートゲーム編> 246ビュー
  3. アプローチのピッチとランの比率 158ビュー
  4. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 151ビュー
  5. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 140ビュー
  6. 競技用スコアカードの書き方 121ビュー
  7. キャディバッグの担ぎ方 103ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 102ビュー
  9. スコアアップのヒント!「チップインを狙うアプローチ」 100ビュー
  10. AwとSwの使い分け 90ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る