アプローチでの距離感のミスをなくす!

2016年11月22日 |

皆さんこんにちは!kentaroです(^-^)
今回は、アプローチでの距離感のミスを無くすための素振りについてご紹介します!
20161122_blog_kentaro1
アプローチで距離感が出ないんです、という方がよくおられますが、
共通の素振りの仕方として、ピンを見ながら素振りをしているという傾向があります。
20161122_blog_kentaro2

20161122_blog_kentaro3
アプローチでピンを見ながら素振りをしてしまうと、キャリーでピンまで打ってしまうイメージになりがちです。
そうすると実際打った時にそのままオーバーしてしまったり、バックスイングが大きいことに気づいてダウンスイングで減速してしまう。というミスになりやすいです。

アプローチの素振りは必ず、『落とし所』を見ながら素振りをしてください。
ピンは絶対見ません。
20161122_blog_kentaro4

20161122_blog_kentaro5
この素振りを取り入れるだけで、距離感はぐっと上がってくるのでぜひコースで試してみてくださいね(^-^)

この記事を書いたのは

原田 健太郎

原田 健太郎

朝晩は冷え込みが強くなってきましたが、まだまだ日中は暖かくゴルフ日和が続いていますね!

2019年も残り少なくなってきましたので、本格的に寒くなる前にたくさんコースで練習しておきましょう!

最近は公式YouTubeに動画が上がっていますので、興味のある方は是非是非ご覧ください(^-^)

週間アクセスランキング

  1. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 198ビュー
  2. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 189ビュー
  3. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 183ビュー
  4. アプローチのピッチとランの比率 167ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 148ビュー
  6. AwとSwの使い分け 130ビュー
  7. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 122ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 120ビュー
  9. 正しい腰の回し方 119ビュー
  10. ゲンテンレッスン at 高坂カントリークラブ (源河卓朗) 105ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る