ボールが曲がる仕組み知ってますか?

2019年5月22日 |

こんにちは、シンノスケです。

皆さんは練習場やコースでスライスやフックが止まらないなどの経験はありませんか?
そして、スイングを気にしすぎるあまり上手く打つことすら出来なくなってしまったなどの相談を受ける事があります。
でもボールが曲がる仕組みはスイングの形以外にも簡単に修正するポイントがあります。

そのポイントはインパクト時のフェースの向きとスイング軌道です。
この2つの組み合わせによってボールの曲がる方向が決まってきます。

【飛球法則】

GEN-TENゴルフコースレッスンボールフライトの写真
この図のように9通りの組み合わせになります!

図1や9のような球が出てしまう方はターゲットに対して真っ直ぐ振っているのですがフェースが左を向き過ぎていたり右を向き過ぎているのが原因になるためアドレスの時から少しフェースを開いてみたり閉じてみたりする事で簡単に修正する事が可能になるかと思います!

理想的なフェードやドローが打ちたい方は3や7を参考にしていただくことでイメージ通りの球を打つことが可能になります。

このようにスイングの形ばかりではなくインパクトのイメージを持つことでボールコントロールがしやすくなります。
そしてインパクトの形を意識する事でスイングも良くなるケースが多いです。

なのでイメージ通りのボールが打てない方はスイングの形にこだわるのではなく、一度インパクトのイメージを持って練習してみてください^ ^

簡単にイメージ通りの球が打ちやすくなると思うので是非試してみてください!

この記事を書いたのは

坂井 槙之介

坂井 槙之介

こんにちはシンノスケです!
先日のFlight Scopeを使用したヒント
満席いただきありがとうございました^ ^
定期的にFlight Scopeを使ったヒントを開催していきたいと思います!
興味のある方は是非ご参加お待ちしています♫

週間アクセスランキング

  1. 夏のラフ対策でナイスショット! 641ビュー
  2. 左足上がりのアプローチは傾斜に沿ってスイング! 620ビュー
  3. 「バックスイングにおけるハンドアクション」by norihiro 570ビュー
  4. アプローチでシャンクを止める方法は肩にあり 546ビュー
  5. ドライバーショット安定の秘訣 316ビュー
  6. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 223ビュー
  7. 正しい腰の回し方 193ビュー
  8. 深いラフからのショット 182ビュー
  9. アプローチのピッチとランの比率 168ビュー
  10. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 151ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る