「ベストショットはグリップチェックから!」〜左手編〜

2017年2月2日 |

こんにちは〜、雪田です(^o^)
暖かいオンシーズンでは気持ちいいゴルフしたいですね〜。
そのために今から準備を始めましょう!

今回はグリップについてお話しますね。

ゴルフは道具を使ってボールを打つスポーツですね。その道具=クラブと自分をつなぐ接点は手しかありません。
その接点部分が不安定ですと、体で生み出したパワーをクラブを通じて最大限にボールに伝えることが難しくなりますし、クラブフェイスの向きも変わりやすく、ボールの方向性にも影響を与えてしまいます。
ですからグリップはとても重要だと私は考えていますよ。

みなさん、グリップはどのように握っていますか?

まず左手のグリップからです!
a)スクエアグリップ

自分からみてナックルが1個半~2個くらい見える、又は親指と人差し指でつくるVの字が右耳と右肩の間を指します。
*スクエアとは真っ直ぐという意味で、インパクトでクラブフェイスが真っ直ぐになりやすいのがスクエアグリップです。

ではスクエアとはちょっと違う握りは、
b)ストロング(フック)グリップ

ナックルは2個半〜3個以上見える、Vの字は右肩よりも外を指します。
*インパクトでフェイスが閉じやすくなります。スライスでお悩みの方にはオススメですよ。

c)ウィーク(スライス)グリップ

ナックルは1~0個しか見えない、Vの字は顔から左肩の間を指します。
*フェイスは閉じにくくなりますので、フックやチーピンが出やすい方は試してみるといいですね。

どのグリップにしてもスイング中アドレス〜フィニッシュまでグリップが一定でずれないことが大切です。
そして右打ちの場合は、どうしても利き手の右手に力が入りやすいですね。しかし右手に力が入り右手主導でスイングすると、インパクトで上半身が開きやすくなったり手首をこねすぎてしまったりして、ボールが曲がる原因になります。

それを防ぐために左手&左サイドをメインにしてスイングしたいですね。
そのため、グリップは左手を主役に握りましょう!

お読みいただき、ありがとうございましたp(^-^)q

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

雪田 悦子

雪田 悦子

こんにちは、Yukiです^ ^
いよいよ夏本番!
みなさんの夏ゴルフはいかがでしょうか。
コースでは深いラフや傾斜からのショットなどなどチャレンジし甲斐のあるシュチュエーションもたくさんありますね。
少しコツを掴んで夏ゴルフを楽しんでいただけたらと思います。
夏は涼しい高原でのキャンプで快適に練習してみてはいかがでしょうか。みなさんのゴルフライフをサポートします!
初めての方もご遠慮なく、ご参加くださいね♪
☆キャンプ&合宿のお知らせ☆
・8月13(金)-15日(日)
強化合宿@紀伊高原ゴルフクラブ
https://www.gen-ten.jp/event/26392
・9月25(土)-26日(日)
ディスカバリーキャンプ@メナードカントリークラブ 青山コース
https://www.gen-ten.jp/event/26595

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ 左足下がりからのアプローチを寄せるコツ! 1,883ビュー
  2. ゴルフ パターの芯で打つためのコツ 359ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 260ビュー
  4. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 186ビュー
  5. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 179ビュー
  6. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 178ビュー
  7. 競技用スコアカードの書き方 175ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 155ビュー
  9. ゴルフ プロが基本にしているパッティングのアドレス 138ビュー
  10. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 130ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る