トラブルショットでの注意点

2019年5月21日 |

こんにちは takuroです(^ ^)
今回はトラブルショットでの注意点についてお伝えします。

ドライバーショットを曲げてしまった時に下の写真のようなシチュエーションに遭遇したことがあるかと思います。
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット状況の写真
この状況で1番大切なことは、木に当てずに確実に脱出させる方法を見つけることです‼︎

「木の上を行くのか下を行くのか??」

木に当てずに脱出させるために木の上を狙って打っていくのか、低い球で木と木の間を通していくのかがポイントになってきますが、木の上を狙って打っていく場合、ボールに高さが出る分、前には飛ばないので高さも出しつつ距離も出していけるかまで考えて判断しましょう!
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木の上を狙う写真

「高さを出して木の上を狙って打っていく場合」

使用クラブはなるべくロフトのあるSWなどを使用します。
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショットSwの写真
構えは肩のラインを傾斜なりに構えて目線を高めにしていきます。
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木の上アドレス後方からの写真
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木の上アドレス正面からの写真
スイングは傾斜なりに振っていくのでフィニッシュでヘッドを高い位置に振り抜いていきましょう。
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木の上フォローの写真

「低い球で木と木の間を通していく場合」

使用クラブはなるべくロフトが立っているクラブを使用したいのでミドルアイアン以上を使用します。
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木と木の間7Iの写真
構えは平らな地面で構えた時に肩のラインが地面と平行になるように構えて目線を低めにします。
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木と木の間アドレス後方からの写真
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木と木の間アドレス正面からの写真
木と木の間に打っていく場合フェースの向きがとても大切ですので、フェースの向きを必ず打ち出したい方向にセットしてください‼︎
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木と木の間クラブヘッドの写真

以上のポイントを押さえて、いざトラブルショットの場面が来てしまったとしても、落ち着いて対処できるとスコアアップに近づきますよ(^ ^)

この記事を書いたのは

源河 卓朗

源河 卓朗

残暑もようやく和らぎ、ゴルフをするのにはとてもいい季節がやってきましたね(^ ^)
これからゴルフを始める方、今年中にベストスコアを更新したい方など様々なゴルファーをゴルフ場でお待ちしています!
この秋もみっちり練習して上達していきましょう!

★キャンプのお知らせ★

・2020,1/11〜13
アルパイン・ゴルフリゾート・チェンマイにて強化合宿を開催します!
GEN-TEN初開催のタイ・チェンマイでのキャンプとなります!
ぜひチェックしてみてください(^ ^)
https://www.gen-ten.jp/event/21925

★レッスンの開催スケジュール★https://www.gen-ten.jp/schedule/?coach=takuro

★GEN-TENの原点★https://www.gen-ten.jp/archive/takuro/

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ上級者 〜バンカーショットはこんな風に考えよう〜 2,554ビュー
  2. スコアアップの考え方<ショートゲーム編> 416ビュー
  3. アプローチのピッチとランの比率 180ビュー
  4. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 160ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 156ビュー
  6. 競技用スコアカードの書き方 150ビュー
  7. スコアアップのヒント!「チップインを狙うアプローチ」 140ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 126ビュー
  9. ゴルフコースへ行こう!~チェックインからスタートまで編~ 118ビュー
  10. キャディバッグの担ぎ方 114ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る