トラブルショットでの注意点

2019年5月21日 |

こんにちは takuroです(^ ^)
今回はトラブルショットでの注意点についてお伝えします。

ドライバーショットを曲げてしまった時に下の写真のようなシチュエーションに遭遇したことがあるかと思います。
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット状況の写真
この状況で1番大切なことは、木に当てずに確実に脱出させる方法を見つけることです‼︎

「木の上を行くのか下を行くのか??」

木に当てずに脱出させるために木の上を狙って打っていくのか、低い球で木と木の間を通していくのかがポイントになってきますが、木の上を狙って打っていく場合、ボールに高さが出る分、前には飛ばないので高さも出しつつ距離も出していけるかまで考えて判断しましょう!
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木の上を狙う写真

「高さを出して木の上を狙って打っていく場合」

使用クラブはなるべくロフトのあるSWなどを使用します。
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショットSwの写真
構えは肩のラインを傾斜なりに構えて目線を高めにしていきます。
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木の上アドレス後方からの写真
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木の上アドレス正面からの写真
スイングは傾斜なりに振っていくのでフィニッシュでヘッドを高い位置に振り抜いていきましょう。
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木の上フォローの写真

「低い球で木と木の間を通していく場合」

使用クラブはなるべくロフトが立っているクラブを使用したいのでミドルアイアン以上を使用します。
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木と木の間7Iの写真
構えは平らな地面で構えた時に肩のラインが地面と平行になるように構えて目線を低めにします。
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木と木の間アドレス後方からの写真
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木と木の間アドレス正面からの写真
木と木の間に打っていく場合フェースの向きがとても大切ですので、フェースの向きを必ず打ち出したい方向にセットしてください‼︎
GEN-TENゴルフコースレッスントラブルショット木と木の間クラブヘッドの写真

以上のポイントを押さえて、いざトラブルショットの場面が来てしまったとしても、落ち着いて対処できるとスコアアップに近づきますよ(^ ^)

この記事を書いたのは

源河 卓朗

源河 卓朗

暑い日が続くようになってきましたね!(^^)
季節の変わり目は身体がまだ暑さに慣れていないと思うので体調を崩さないように気をつけながらゴルフを楽しんでいけるように一緒に練習を頑張っていきましょう!
全力でサポートしていきます!(^^)

★キャンプのお知らせ★
・8/16~18
サニーカントリークラブにて強化合宿を開催します!
・9/21~23
那須国際カントリークラブにて強化合宿を開催します!

レッスンの開催スケジュール

記事をアップしたので是非ご覧ください!(^^)

週間アクセスランキング

  1. 夏のラフ対策でナイスショット! 641ビュー
  2. 左足上がりのアプローチは傾斜に沿ってスイング! 620ビュー
  3. 「バックスイングにおけるハンドアクション」by norihiro 570ビュー
  4. アプローチでシャンクを止める方法は肩にあり 546ビュー
  5. ドライバーショット安定の秘訣 316ビュー
  6. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 223ビュー
  7. 正しい腰の回し方 193ビュー
  8. 深いラフからのショット 182ビュー
  9. アプローチのピッチとランの比率 169ビュー
  10. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 151ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る