ポスチャー&チルト

2011年2月24日 |

20110223_blog_yuki.jpgこんにちは〜、雪田です。
厳しい寒さも少なくなりとっても暖かい日が続いています。春のゴルフシーズンももうすぐそこにきていますねっ!
今回はアドレスでの基本についてお話します。
ショットを安定させるためには構え=アドレスがとても大切です。
ショットが当たらなくなった時はスイングをイジルよりも、まずアドレスをチェックしてみてください。
そのポイントは2つです。

1.ポスチャー(アドレス時の姿勢)
写真のように背骨にクラブを添えて持ち、なるべくクラブが真っ直ぐになるように構えます。お尻を少し突き出すようにすると背骨は真っ直ぐになりポスチャーはしっかりできますよ。背骨が真っ直ぐになるとスイング中のスパイアングル(背骨の角度)がキープしやすくなります。スパイアングルをキープしてスイングできるとショットは安定してきますよ。

2.チルト
構えた時の肩のラインは水平ではなく右に少し傾きます(背骨が少し右に傾く)。これがチルトです。ドライバーではアイアンよりもこのチルト(傾き)は大きくなるのです。右腕をリラックスさせるとチルトしやすくなりますよ。
チルトが出来ないと肩のラインが飛球線方向よりも左に向きやすくなります。特にアウトサイドインの軌道になりやすい(スライスしやすい)方は注意しましょう。

詳しく聞きたい方はレッスンでもリクエストしてくださいね〜(*^o^*)

【Link】
雪田悦子(ゆきたえつこ)→

WEST(西日本)レッスンスケジュール→

ご予約はこちらから

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ 左足下がりからのアプローチを寄せるコツ! 1,883ビュー
  2. ゴルフ パターの芯で打つためのコツ 336ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 259ビュー
  4. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 184ビュー
  5. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 179ビュー
  6. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 177ビュー
  7. 競技用スコアカードの書き方 175ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 155ビュー
  9. ゴルフ プロが基本にしているパッティングのアドレス 138ビュー
  10. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 130ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る