パッティングドリル~拝みグリップ~

2016年11月8日 |

こんにちは〜、雪田です^_^
絶好のゴルフシーズン真っ只中ですね!

ベストスコア更新に燃えている方も多いと思います。スコアアップのためにはパッティングはとても大切ですね。プロアマ問わずにスコアの3~4割を占めるのがパッティングです。

今回はパッティングストロークについてお話します。
20161108_blog_yuki1

バッティングはフィーリングがとても大切ですが、手首を使いすぎてしまうと距離や方向性に影響を与え、フィーリングも上手く活かせません。

よくありがちなのはこのようなストローク
20161108_blog_yuki2
左手手首が甲側に折れ、パターヘッドが早く上がりすぎてパターフェイスの芯でボールをヒットすることが難しくなってしまいます。これではボールが跳ねたりして思わぬ所にボールが転がってしまいます。

そこで、手首の使い過ぎを抑えるパッティングドリルをご紹介します。

右手と左手でパターグリップを挟むようにして構えます
20161108_blog_yuki3

20161108_blog_yuki4
拝みグリップと言ったりしますよ。

そしていつも通りにアドレス
20161108_blog_yuki5
そのままテークバック
20161108_blog_yuki6
インパクト
20161108_blog_yuki7
フォロースルー
20161108_blog_yuki8
アドレスで作った手首の角度を変えずにストロークするのがポイントです。特にインパクトからフォローにかけて手首の角度は変わりやすいです。そこを変えずにストロークするためには、肩と胸や腹筋を動かす感覚を持ちましょう。ショルダーストロークと言ったりします。

最初は短い距離から徐々に距離を長くしてストロークする練習をしてみてくださいね。
慣れてくるとうまくボールをヒットできるようになりますよ。
ボールの転がりが悪いという方にはオススメです。ぜひ試してみてくださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^_^*)

この記事を書いたのは

雪田 悦子

雪田 悦子

こんにちは、Yukiです^ ^
東海では「暑いなぁ〜」と感じる日が増えてきました。梅雨が明けるといよいよ夏が到来しますね!
みなさんはどのようにお過ごしになりますか。
私は活動的になれる、開放感溢れる夏が大好きです(^^)

汗をたくさんかきながらのゴルフは充実感や達成感がありますね。ライバルに差をつけるチャンスかもしれません。

夏の暑さはちょっと苦手…という方は涼しい避暑地のコースへお出かけしてみてください。夏しか味わうことのできない爽やかな空気感が体験できますよ。

☆お知らせ☆
7月20(土)-21(日)
朝霧カントリーディスカバリーキャンプ

7月31日(水)-8月1(木)
鷲ヶ岳高原ゴルフディスカバリーキャンプ

8月13(月)-15(水)
サニーカントリークラブ強化合宿

8月31(土)-9月1(日)
鷲ヶ岳高原ゴルフディスカバリーキャンプ

週間アクセスランキング

  1. 左足下がりからスコアメイク! 1,099ビュー
  2. コーチはどのようにしてゴルフが上手くなったのですか? 510ビュー
  3. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 244ビュー
  4. ゴルフ上達練習法!「パッティングの距離感」 237ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 203ビュー
  6. 正しい腰の回し方 183ビュー
  7. アプローチのピッチとランの比率 169ビュー
  8. 股関節周りのストレッチ Vol.2 165ビュー
  9. AwとSwの使い分け 127ビュー
  10. 競技用スコアカードの書き方 119ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る