パッティングドリル~拝みグリップ~

2016年11月8日 |

こんにちは〜、雪田です^_^
絶好のゴルフシーズン真っ只中ですね!

ベストスコア更新に燃えている方も多いと思います。スコアアップのためにはパッティングはとても大切ですね。プロアマ問わずにスコアの3~4割を占めるのがパッティングです。

今回はパッティングストロークについてお話します。
20161108_blog_yuki1

バッティングはフィーリングがとても大切ですが、手首を使いすぎてしまうと距離や方向性に影響を与え、フィーリングも上手く活かせません。

よくありがちなのはこのようなストローク
20161108_blog_yuki2
左手手首が甲側に折れ、パターヘッドが早く上がりすぎてパターフェイスの芯でボールをヒットすることが難しくなってしまいます。これではボールが跳ねたりして思わぬ所にボールが転がってしまいます。

そこで、手首の使い過ぎを抑えるパッティングドリルをご紹介します。

右手と左手でパターグリップを挟むようにして構えます
20161108_blog_yuki3

20161108_blog_yuki4
拝みグリップと言ったりしますよ。

そしていつも通りにアドレス
20161108_blog_yuki5
そのままテークバック
20161108_blog_yuki6
インパクト
20161108_blog_yuki7
フォロースルー
20161108_blog_yuki8
アドレスで作った手首の角度を変えずにストロークするのがポイントです。特にインパクトからフォローにかけて手首の角度は変わりやすいです。そこを変えずにストロークするためには、肩と胸や腹筋を動かす感覚を持ちましょう。ショルダーストロークと言ったりします。

最初は短い距離から徐々に距離を長くしてストロークする練習をしてみてくださいね。
慣れてくるとうまくボールをヒットできるようになりますよ。
ボールの転がりが悪いという方にはオススメです。ぜひ試してみてくださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^_^*)

この記事を書いたのは

雪田 悦子

雪田 悦子

Yukiです^ ^
新年明けましておめでとうございます!
2020年、みなさんはゴルフでどんな夢をみたいでしょうか。

「ベストスコア更新!」
「憧れのコースでラウンドする」
「コンペや競技で優勝する!」
「ホールインワン達成」

などなど心の奥底には叶えてみたい希望があると思います。
今年も私はそんなみなさんのお手伝いを頑張ります!!
私自身のテーマは「ボディメイク」体力強化でしっかりとコーチィング&ゴルフをしていきたいです。

2020年こそ、一緒に夢を叶えましょう(^^)

☆イベント&合宿のお知らせ☆
1月28日(火)
FT&UT強化レッスン

https://www.gen-ten.jp/event/22637

2月9日(日)
スパイチルトを作ってナイスショット

https://www.gen-ten.jp/event/22772

2月14 (金)~16日(日)
バンコクトリップ合宿

https://www.gen-ten.jp/event/21984

4月10(金)~ 12日(日)
高知強化合宿

https://www.gen-ten.jp/event/22792

週間アクセスランキング

  1. グリップの最下点を意識して安定したインパクトゾーンを手に入れる! 647ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント!アドレスの重心位置は大丈夫ですか?! 412ビュー
  3. ホールインワンへの道 366ビュー
  4. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 343ビュー
  5. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 282ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 263ビュー
  7. 正しい腰の回し方 248ビュー
  8. AwとSwの使い分け 212ビュー
  9. アプローチのピッチとランの比率 186ビュー
  10. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 158ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る