パッティングは17インチオーバーで打つ!

2016年11月29日 |

こんにちは norihiroです(^^)
まもなく12月ですね。冬の季節も引き続きゴルフを楽しんでいる方もいらっしゃるんではないでしょうか??

そんな皆さんへ、今回はパッティングについてのWebレッスンです。
パッティングにおいて最も高確率で入るタッチはカップを17インチ(約43cm)オーバーする強さで打つことだ」と言われています。
20161129_blog_norihiro1
これは元NASAの研究員でPGAプレーヤーのショートゲームコーチとしても活躍しているデーブ・ペルツがこの確率を測定しました。

ただし、どんな距離からもカップから43cmオーバーさせて打つのはなかなか勇気も要りますし、実際おこなうと難しいです!笑
20161129_blog_norihiro2
そこで!
ご紹介するのがカップまで2mの距離で90cmオーバー以内でボールを止めるパッティング練習です。
※なぜ90cmかと言うと…
ペルツの研究では「90cmの返しは90%以上で入る確率のパッティング」だと言われています(^^)

まず写真のようにカップまで2mの距離を作り、カップから90cm離れた位置にティーを1列に挿します。
20161129_blog_norihiro3

20161129_blog_norihiro4
その時カップは敢えて狙わずに、ボールが常にカップをオーバーして90cmの範囲内に止まる強さを繰り返し練習します。
20161129_blog_norihiro5
2mの距離で出来るようになったら、少しずつ距離を離してみてください。
ボールの転がるスピードが距離に応じて意識できてくるとバッチリです。

ちなみにプロはこの練習を6mの距離で練習をしています。

特にパッティングをショートしやすい方には有効的な練習方法なので、ぜひ試してみてください(^^)

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

皆さん、暖冬のゴルフを楽しまれていますか??
一緒にゴルフを楽しみましょう(^^)♪
レッスン会場でお待ちしております(^-^)/

〜オススメ〜
■キャンプ
春のゴルフを練習環境、コースコンディションの整った宮崎でスタートしませんか!?
「春のゴルフは南国トーナメントコースで本格スタート!」
https://www.gen-ten.jp/event/22812

◼︎アカデミア
皆さんの上達をサポートする3ヶ月集中のレッスンプログラムです(^^)
4月からアカデミアを開催予定です!
https://www.gen-ten.jp/event/20383/
よろしければ過去の記事もご覧ください。
https://www.gen-ten.jp/blog/diary/201809_54092/

◼︎体験レッスン
GEN-TENのレッスンをご検討されている方は実際のレッスンと内容の変わらない「体験レッスン」もご検討ください(^^)
https://www.gen-ten.jp/lesson/trial/

◼︎SNS
今年は個人のホームページをメインにブログを更新していきますので、よろしければご覧ください(^^)
個人HP「GOLF COACH NORIHIRO INOUE」
http://norihirogolfcoach.com/
アメブロ「ゴルフコーチNorihiroのブログ」
過去のブログをご覧になりたい方はこちらからご覧ください!
https://ameblo.jp/golfcoach-norihiro

Facebookページ
https://m.facebook.com/Golfcoach-Norihiro-1382038975399651/

Instagram
https://www.instagram.com/norihiro_blog/

週間アクセスランキング

  1. トップオブスイングからの切り返しはここを気をつける 1,844ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント!アドレスの重心位置は大丈夫ですか?! 681ビュー
  3. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 340ビュー
  4. 正しい腰の回し方 313ビュー
  5. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 301ビュー
  6. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 255ビュー
  7. グリップの最下点を意識して安定したインパクトゾーンを手に入れる! 206ビュー
  8. アプローチのピッチとランの比率 178ビュー
  9. AwとSwの使い分け 177ビュー
  10. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 162ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る