プレショットルーティンでレベルアップ!

2016年12月11日 |

こんにちは、toshiyukiです!
いきなりですがプレショットルーティンという言葉を聞いたことがありますか?
ボールを打つまでの動作のことを言いますが、皆さんは意識したことがあるでしょうか?

深呼吸したり素振りしたりボールの後ろから方向を定めたりと、ショットする前にいろんな準備をしますね。
ほとんどのツアープレーヤーは、プレショットルーティンが決まっていて毎回同じ動作、同じ時間をかけてショットに臨みます。
こうすることで毎回同じリズムで安定したり、オートマティックに体が動きやすくなります。なので、この動作がショットの成否に大きく影響します。

あまり細かく意識しすぎると逆にショットに集中できなくなる恐れがありますが、多くのアベレージゴルファーはいつも違ったルーティンや時間の使い方をしています。
素振りをしたりしなかったり、アドレスに入ってから始動するまで時間がかかり過ぎたりするので、スイングもリズムも安定しづらくなります。

因みに僕のプレショットルーティンはこんな感じです。
まず飛球線後方で2回程素振りをします。
20161211_blog_toshiyuki1

20161211_blog_toshiyuki2
次にターゲットを確認してスパットを見つけます。
20161211_blog_toshiyuki3
そして右足からアドレスに入り
20161211_blog_toshiyuki4
ワッグルを行いながら、2度ターゲットを見て方向を微調整します。
20161211_blog_toshiyuki5

20161211_blog_toshiyuki6

20161211_blog_toshiyuki7
クラブヘッドをボールの後ろにソールしたら
20161211_blog_toshiyuki8
スイングスタート
20161211_blog_toshiyuki9

20161211_blog_toshiyuki10
という具合です。

トーナメント中継や実際にトーナメント会場に足を運んだりして、いろんなプロのルーティンを参考にしてみてください。
そして自分に合ったルーティンを見つけてくださいね!
きっと今まで以上にショットの精度が上がってくると思いますよ!

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

すっかり秋も深まりコースにも紅葉が見られるようになりましたね。
ゴルフを楽しむには最高の季節です!
この良い季節にコースでレベルアップのヒントを見つけましょう!

☆ヒントレッスンのスケジュール
11/10(日)「ハンドファーストを極める!」 at 六甲CC
11/30(土)「インテンショナルショット強化」at 六甲CC

☆キャンプのご案内
12/21(土)〜23(月)強化合宿 at 稲取ゴルフクラブ
2/22(土)〜24(月)強化合宿 at アルパイン・ゴルフリゾート・チェンマイ

週間アクセスランキング

  1. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 186ビュー
  2. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 186ビュー
  3. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 184ビュー
  4. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 163ビュー
  5. アプローチのピッチとランの比率 147ビュー
  6. 正しい腰の回し方 138ビュー
  7. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 137ビュー
  8. 2019/11/28〜12/5週刊GEN-TEN 117ビュー
  9. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 115ビュー
  10. AwとSwの使い分け 111ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る