冬のゴルフはコントロールショットで精度アップ!

2016年12月12日 |

こんにちは norihiroです(^^)今回は冬のゴルフ対策として、少しテクニカルなショットをお伝えしていきたいと思います。
ショートホールのティーショットにて、1つ大きな番手で飛距離よりも「精度」を重視したショットを選択する場合は、「コントロールショット」がお勧めです(^^)

・セットアップ
まずセットアップではスタンスの向きを通常よりもややオープンに構えていきます。
20161212_blog_norihiro1
理由は…
振り幅を比較的抑えたコントロールショットですが、クラブフェースを維持したままスイングしていくショットになるため、体の動きを止めずにスムーズに振り切れるようにするためです(^^)
20161212_blog_norihiro2
この時ボールは、いつもよりもややスタンスの右足寄り(右打ちの場合)になりますが、そのままでOKです。
20161212_blog_norihiro3
あとスイング中あまり重心移動をさせないスイングなため、通常よりもやや左足に重心をかけておく(右打ちの場合)ことをお勧めします。
20161212_blog_norihiro4

・動き
バックスイングではあまり右足へ重心移動をさせずに、手元が胸の高さ程度に来たらトップポジションはOKです。
ダウンスイングからは手元でクラブフェースを返さないようにしましょう!
もしフィニッシュでクラブシャフトが寝ている場合は、手元でクラブフェースを閉じているためボールをひっかけてしまいますので気をつけてください。
20161212_blog_norihiro5
体の回転でスイングをしていきます。
特にフィニッシュでは、クラブシャフトが背骨と同じような角度で立っている状態で終えるように心がけてください(^^)
20161212_blog_norihiro6

20161212_blog_norihiro7
コントロールショットを体得すると、曲げたくない時や確実にグリーンを捉えたい時、ここぞ!というショット時に非常に役立ちます(^^)

もしかしたらフルスイングよりミート率が上がり、あまり飛距離が変わらない方もいらっしゃるかもしれません(笑)

ぜひ1度は試してみてください(^^)

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

こんにちは norihiroです(^^)
「健康」と「楽しさ」を大切にしていきましょう!

〜オススメ〜
■ゴルフコンサルティングサービスを開始!
スイング解析・ロードマップ・ゴルフフィットネスをマンツーマンでご相談を承ります!
ぜひご利用ください(^^)

ゴルフコンサルティングサービスをスタートします

■YouTubeチャンネル
個人のYouTubeチャンネルを開設しました!
今後もUPしていきますので、よろしければチャンネル登録をお願いします(^^)

◼︎SNS
個人のホームページではブログを更新していきますので、よろしければご覧ください(^^)
個人HP「GOLF COACH NORIHIRO INOUE

Facebookページ

Instagram

アメブロ「ゴルフコーチNorihiroのブログ
過去のブログをご覧になりたい方はこちらからご覧ください!

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ ロブショットについて 1,263ビュー
  2. ゴルフスイングの基本のキホン 1,053ビュー
  3. 右肘はタメずにリリース! 850ビュー
  4. 打点位置は意識してますか? 632ビュー
  5. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 617ビュー
  6. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 406ビュー
  7. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 394ビュー
  8. パッティングの基本(上達の為のドリル) 378ビュー
  9. 逆オーバーラッピンググリップでの転がしのアプローチ 224ビュー
  10. なぜコーチによって言ってる事が違うんだろう…? 208ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る