ゴルフスイング『スイング傾向におけるアドレスの形』

2019年4月22日 |

こんにちは norihiroです(^^)
ゴルファーにとって嬉しい気候が続いていますね!
今回はアドレスについてお話をしていきます。

■アドレスは「どのように振りたいのか」の準備!?

皆さんはどのようなボールを打ちたいか、どのように振りたいのかをイメージをして構えているでしょうか??
アドレスは「良いショットの準備」として大切なパートである一方で、「どのようにスイングをされているのか」を表している形でもあります。
GEN-TENゴルフコースレッスントップオブスイングの写真
特にアドレスを正面から見た場合にどのようなポスチャーで構えているのかで身体の動き易い傾向も見えてきます。

■スライスの出やすい方のアドレス(K字アドレス)

アマチュアゴルファーの方の多くはスライスに悩まれている方だと思われますが、その傾向の場合以下のような形でアドレスをとっていることもあります。
GEN-TENゴルフコースレッスンK字アドレスの写真
写真のように身体の右サイドが一直線のような状態で、左腰が引けた状態で構えているケースです。
このアドレスはインパクト時に身体が開いてしまい、クラブの動きもアウトサイドインで動きやすい傾向にあります。
またエラーの起きやすいアドレスでもあり、バックスイングでスウェーをしてしまったり
GEN-TENゴルフコースレッスンバックスイングスウェーの写真
ダウンスイング以降に右脚を軸に身体を回してしまったりとミスショットの出やすいバランスの悪いスイングになってしまいます。
GEN-TENゴルフコースレッスンミスショットインパクトの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンミスショットフォロースルーの写真

■理想的なアドレスとは?

決してこのアドレスが正解という訳ではありませんが、アドレスを正面から見た時に左右の腰の見える範囲がほぼ均等な状態で腕とクラブを結ぶラインが「Y字」もしくは「小文字のY」のようになっていることが理想です。
GEN-TENゴルフコースレッスンY字アドレスの写真
世界ランカーのトッププロのアドレスを見てもほとんどの選手がニュートラルに構える「Y字」か逆K字のように構える「小文字のY」のような形です。
もちろんこれらも絶対というアドレスではないですが、そういった傾向にあることだけは知っておくと打ちたいボールやショット傾向によるミスの原因がアドレスから見つける事が出来るかもしれません(^^)
GEN-TENゴルフコースレッスンフィニッシュの写真
この春はご自身の中で理想とするアドレスを見つけながらゴルフを楽しんでみてくださいね!

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

こんにちは norihiroです(^^)
「健康」と「楽しさ」を大切にしていきましょう!

〜オススメ〜
■ゴルフコンサルティングサービスを開始!
スイング解析・ロードマップ・ゴルフフィットネスをマンツーマンでご相談を承ります!
ぜひご利用ください(^^)

ゴルフコンサルティングサービスをスタートします

■YouTubeチャンネル
個人のYouTubeチャンネルを開設しました!
今後もUPしていきますので、よろしければチャンネル登録をお願いします(^^)

◼︎SNS
個人のホームページではブログを更新していきますので、よろしければご覧ください(^^)
個人HP「GOLF COACH NORIHIRO INOUE

Facebookページ

Instagram

アメブロ「ゴルフコーチNorihiroのブログ
過去のブログをご覧になりたい方はこちらからご覧ください!

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 340ビュー
  2. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 310ビュー
  3. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 220ビュー
  4. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 167ビュー
  5. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 155ビュー
  6. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 155ビュー
  7. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 137ビュー
  8. 右手を上手に使ってインパクトを安定させよう! 122ビュー
  9. 上達に欠かせない!前傾姿勢をキープ出来ない原因 114ビュー
  10. 前傾姿勢を保つには左肩がポイント! 106ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る